梅干し完成2016年08月07日 07時27分43秒

梅干しを漬け込んで1ヶ月ちょっと。梅酢が浮いてきてこんな感じになってきた。

これを晴れ4日かけて天日にて干していく。いわゆる「土用干し」。日あたかも土用の丑の日。
家にあるざるのようなものをかき集めて梅を並べていく。
もっとたくさんあると思ったら、意外と少なかった。

最初はこんな感じ。

途中夕立には傘をかざして雨より守り、初日は一旦取り込んで梅酢に戻し、2~3日目は夜露に当て、4日目は硬さを見ながら取り込み。

で、その4日目はこんな感じになる。
水分が抜けて塩が吹いてきて良い感じになった。

こちらはおすそ分け分。
まだ食べてはいないのだけど、少なくとも見た目は良く出来たのではなかろうか。初めてにしては。赤くないのは紫蘇を入れてないから。入手できなかった。来年はなんとかしたいかな。

で、溶けきらなかった、溶けてたけど再結晶化した塩がこんなにもあった。
ほんのり梅味が付いているので、料理に使っていこうかと。梅酢は保存して来年の漬け込みに使う。こうして梅干しは、その家の伝統行事になっていくのかと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/08/07/8147393/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局