白馬2016(74)2016年12月01日 06時01分30秒

ねずこの森自然探勝路に入る。

振り返ると先にパノラマ写真を撮った北アルプス見晴台が見える。
そういう位置取り。

花があった。オオヤマレンゲと書いてあった。花は下を向いているので中は見えなかった。
調べてみるとモクレン科の花で、5~7月が花期とあったから、見られたのは幸運。
丸いものが実なのか蕾なのかわからない。最初は実だと思ってたんだけど、右下のものを見ると紫の色が付いているから蕾かもしれない。
この自然探勝路の中で見かけた花はこれだけ。ここは花がないところ。

道はどんどん森の中に入る。最初のうちは下り一方。

所々に木の案内板がある。
木の場合、幹での区別は難しいことがあるけど、葉っぱを見ると違いがわかりやすい。

これは朴の木(ホオノキ)。朴葉焼きとかに使う。

この葉っぱはとても大きい。私の手は大きい方だけど、それを目一杯広げたくらいの幅がある。長さはもっと。
まあ、日本でも、もっと大きな葉っぱを持った草木もあるけどね。水芭蕉とか。芭蕉扇っていうくらいに大きな葉っぱになる。その写真は栂池で。あるかな?

白馬2016(75)2016年12月02日 05時56分19秒

更に進む。ちょっとだけ上りがあった。

今はこういう場所。だいぶ歩いた気はしたけどまだそれほどでもない。
入り口から7分ほど。体感距離と物理距離は違う。

で、散策路の順路は右だけど、今日はネズコの巨木までなので左。

あっ、なんか虫がいる。
右のはゴミムシダマシの一種だと思われる。左下のはクワガタムシではないのだろうか。コクワガタのメス?アップの写真を取ったつもりだったけど、ピンぼけだった。

さらに森の中を暫く進むと・・・

おっきな木があった。
これがネズコの巨木か。

・・・それにしても、Google日本語入力は学習が極めて貧弱なので、「おっきな木」とか変換すると、必ず「気」と変換する。ここしばらく京都の紅葉の話を書いたけど、その中では「木」が多数出現した。その都度「木」に変換し直す必要があって非常に面倒だった。Google日本語入力はやたらカタカナに変換したがったり、単漢字学習しなかったりとできが良いとはお世辞にも言えないけど、他に換えがないから仕方ないというところ。また最近富みに変換がおかしくなってきている気がする。なんとかしてほしい。ATOK?2014入れてるけど変換が遅すぎて使ってられない。昨日発表されたATOK2017は中々差良さげなので導入するかも。

閑話休題。横から見るとこんな感じで、たしかに大きい。
「でも巨木ってほどかなぁ?」と思った。

でもそれは私の勘違いだった。もうちょっと進むとこの木が目に入った。
「あぁ、これがネズコの巨木か!」

白馬2016(76)2016年12月03日 07時51分27秒

写真で見ると前の木のほうが大きく見えるかもしれないけど、それは撮影距離が違うから。後の木はだいぶ下がらないと全景を撮影できなかった。
同じくらいの距離まで近づくとこんな感じで全景が撮れない。幹周りは倍以上あっただろう。まさに「巨木」。

学術的にはこういう木らしい。
全然学術的じゃないか。松やヒノキと同属らしい。「鼠」と付くので何か言われがあるのかと思ったけど、わからなかった。

ふと下を見ると、巨大なアレも居た。
10センチ近くもあるナメクジ。柏崎原発周りの松林の中見たことがある。場所が場所だっただけに「やっぱりアレの影響で巨大化したのでは!?」などと思ってたけど、こういう種類がいるみたい。うちの家の中にはナメクジがしょっちゅう出てくるけど、こんな大きのはご遠慮願いたい。

巨木を色んな角度から撮影した後戻り始める。

バッタが居た。
トノサマバッタに似てるけど、目が大きいか。

更に戻るとこういうものが目に入った。ブランコ!?

横から見るとこう。

まるでアルプスの少女ハイジのあのブランコみたいだなぁ、と思っていたら、ずばりそうだった。
今にして思えば乗ってみれば良かったと思うのだけど、この時は通り過ぎてしまった。疲れてたのかなぁ。惜しいことをしたものよ。

2016京都紅葉(15)2016年12月03日 20時45分42秒

今日(12/3)の京都の紅葉。
まず全般的な状況を言うと、やはり全体的に色づきは良くないが、先週から大きな違いはないという感じ。今朝はぐっと冷え込んだが全体的は気温は高めだったからか。そのためか、色づきの進みも遅いので青かった気はまだ青いまま。

そんな中で、今日は下鴨神社南隣接の京都地方裁判所の一般公開があった。年に1日、たった3時間だけの公開。

裁判所内でも撮影可能だったが、その写真は省略。
ここに庭には川があってその脇に楓が植えられていてる。それが紅葉するとたいそうきれいらしい。

去年は残念な色づきだったが、今年はどうか。

ここも色づきが遅く、まだ青い木が半分という感じ。
はっきり書けば、去年よりさらによろしくない。

上の方にはそこそこきれいな部分もあるのだけど、下の方は青い。

つくばいに落ちた葉っぱと水面に写る紅葉。これが今回一番きれいだったかな。
これに気がついた人は少なかったみたいだけど。

やっぱり上だけだなぁ。

裁判所内、川を渡る通路はガラス張りで景色が見られるようになっている。1,2枚めの写真はそこから。

最後に駐車場から庭を見た全景。
赤さが足りんなぁ。

去年までは下鴨本通りの正面からしか入れなかったけど、今年は隣接する三井家旧下鴨別邸が一般公開されたので、そちら側の入り口も開かれていた。私がが行った13時過ぎにはまだ行ったらすぐ入れたけど、あとは入場制限されてたみたい。

まあ、それはともかく、ここも残念だったとは残念。

白馬2016(77)2016年12月04日 07時51分37秒

キノコ。同定できず。

またハンモックがあった。結構な数がある。これらが全部埋まるようなことあるのだろうか?

戻ってくると、空には雲が残っているが、霧ははれた。

トイレにいくため建屋に入るとこういう看板が。
ガイドツアーの方じゃなくてアクションカメラの方。来年もあったら借りてみたいなぁ。高級機の写りがどれほどのものか見てみたい。ガイドツアーは高すぎるんじゃないの?

雲もだいぶはれてきた。

いい感じの青空。
山の天気は変わりやすい。

2016京都紅葉(16)2016年12月04日 17時05分30秒

これも昨日(3日)の京都の紅葉。
今日4日は午前中こそ晴れていたものの、午後から曇り、遅くても16時には雨が降っていた。午前中いっぱい防災訓練で出かけていたということもあり、今日は紅葉狩りは無し。

こちらは家庭裁判所西隣の旧三井家下鴨別邸を外から眺めたところ。
ここの中にも楓があるようで、紅葉している。そもそも家庭裁判所は三井家の先祖代々を祀る顕名霊社(あきなれいしゃ)の敷地跡で、この三井家別邸はそこに詣るのための休憩所として建てられた。裁判所なのに美しい庭があるのはそのため。
残念ながら、どえらい人で入ることはできなかった。逆光で暗いが、裁判所よりきれいに色づいているようにみえる。

こちらは下鴨神社境内にある河合神社。そこのイチョウがきれいだった。

下鴨神社の中では、例の鳥居横の楓がまだきれいだった。
それでも先週に比べて葉は落ちているので、次の週末まで保つかどうか。

糺の森は手作り市で人が多かった。でも紅葉は相変わらずで、赤くと言うより黄色になってきている。

川沿いの一部が赤くなっているが、まだまだ。
去年を調べると、12日頃が見頃だったので次の土日が見頃かも。それでも今年の色づきは期待薄なんだけど。

白馬2016(78)2016年12月05日 06時18分44秒

東山見晴台は右手・・・ということは、さっきの木の台は違うのか。
まあ、そうだよなぁ。あそこからは頂上の一部しか見えないし。

ゴンドラの山頂「ノアの山駅」。

その前にある花畑から見た下界の風景。
雲も晴れてきてきれいに見える。この光景を見ながら自転車で下るのはさぞ気持ちよかろう。やはり次回にチャレンジか。スキーもきれいそうだけど、出来ないからね。

ここは冬場はスキーのゲレンデで、それを夏場はゆり園にしているのだけど、その百合も今年は早くに枯れているのが多いのは書いてたとおり。
ほとんど花が見えない。

と思ったら、遠くに咲いている場所があった。
足が元気なら降りていってもいいんだけど、今日は無理。この山頂ゆり園は散策時間が30分とある。まあ、次回にでも。

白馬2016(79)2016年12月06日 06時32分40秒

ゴンドラに乗って帰る。16:20過ぎ。
頂上に来たのが15:15くらいだから、なんだかんだで1時間居たことになる。花が少なかったのですぐに帰ると思ってたけど、ねばった。

高所恐怖症にはこういう光景は辛い(^_^;)
以前に比べれば随分と慣れたけど。岩岳は栂池に比べれば低し。

ずんずん・・・

どんどん・・・

進んで・・・

到着。約8分。
下にも百合が飾られていましたわ。

階段降りて・・・

表に出る。
これでホテルに戻る・・・前にもう1つやることがある。ここに来たらほぼ毎回すること。写真じゃないよ。


2016京都紅葉(17)2016年12月06日 06時47分12秒

3日の京都御苑の紅葉の写真いくつか。




こちらは御苑に隣接する菅原天満宮。
境内にこんな大きな銀杏があったとは、知らなかった。
狭い(失礼)境内なので近寄りすぎて気が付かなかったか。

・・・これから当面・・・
ちょっと大変なことになりまして、更新が滞るかもしれません。今書き上がっているネタが有るうちは大丈夫ですが。
紅葉を見に行く余裕もあまりないような気がします。あしからずご了承を。

白馬2016(80)2016年12月07日 06時15分42秒

さて、私がここに来て毎回することは百合を買うこと。ここでは花が終わった百合の株を安く販売しているのだ。
写真撮るの忘れてたので動画からの抜き出しで。

私が買ったのはこれ、「8鉢1000円」。500円の鉢ならどれでも選べる。
実は8鉢買うと1鉢おまけしてくれるので、9鉢で1000円。4500円相当が1000円という、たたき売り状態。シーズン終わりなので。

500円のは普通の百合の色違いと思えば大体合ってる。ここにはその500円ものだけじゃなくて、1鉢2000円以上のもある。そう言うのは花の形が変わっているとか花が特に大きいとか特徴がある。魅力的で心惹かれるしそれらも安くはなっているが、私はプランターに植えるので、安くて数を取った。
以前来たときにも買って、今もプランターで咲いているものもあれば、翌年だけしか咲かなかったものもある。少し減ったので追加に買ったわけだが、増えすぎたかもしれない。どこに植えよう(^_^;)

選んだのはこの9種。

箱に入れてもらったお持ち帰り。
とは言え、これを手持ちで京都まで持って帰るのは無理なので、志鷹さんから荷物で送って貰う予定。

ということで岩岳編終わり。
自転車いるなぁ。降りてきたんだろうか。うむ、次回にチャレンジ。

(C)おたくら編集局