白馬2016(76)2016年12月03日 07時51分27秒

写真で見ると前の木のほうが大きく見えるかもしれないけど、それは撮影距離が違うから。後の木はだいぶ下がらないと全景を撮影できなかった。
同じくらいの距離まで近づくとこんな感じで全景が撮れない。幹周りは倍以上あっただろう。まさに「巨木」。

学術的にはこういう木らしい。
全然学術的じゃないか。松やヒノキと同属らしい。「鼠」と付くので何か言われがあるのかと思ったけど、わからなかった。

ふと下を見ると、巨大なアレも居た。
10センチ近くもあるナメクジ。柏崎原発周りの松林の中見たことがある。場所が場所だっただけに「やっぱりアレの影響で巨大化したのでは!?」などと思ってたけど、こういう種類がいるみたい。うちの家の中にはナメクジがしょっちゅう出てくるけど、こんな大きのはご遠慮願いたい。

巨木を色んな角度から撮影した後戻り始める。

バッタが居た。
トノサマバッタに似てるけど、目が大きいか。

更に戻るとこういうものが目に入った。ブランコ!?

横から見るとこう。

まるでアルプスの少女ハイジのあのブランコみたいだなぁ、と思っていたら、ずばりそうだった。
今にして思えば乗ってみれば良かったと思うのだけど、この時は通り過ぎてしまった。疲れてたのかなぁ。惜しいことをしたものよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2016/12/02/8265884/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局