京都大雪(16);大宮・仙洞御所2017年02月01日 06時34分29秒

仙洞御所南端にある醒花亭(すいかてい)。仙洞御所内に残る数少ない建屋の1つ。
中は見られなかったけど、パンフレットには写真が何枚かあって様子をうかがい知ることができる。ここには載せないけど。
いわゆる茶室ではなく書院造。中から障子越しに見る庭も美しい。

ここにも横に灯籠がある。これは左手奥の灯籠。

そしてこちらは右手にあるキリシタン灯籠。
織部灯籠みたいな形で、下の柱(竿と言うらしい)の根元の方にあるくぼみの部分にキリストだったかマリアだったかの像が彫られているらしい。他の人との立ち位置の関係でそこをアップ撮影できなかった。実は桂離宮にもキリシタン灯籠はあるそうで、天皇家は神道だろうになぜ?と思ったり。

超広角で全景。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/01/30/8342541/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局