白馬2016(119)2017年02月05日 12時06分35秒

ここまで戻ってきた。出口まで後約1キロ。

そこから5分ほど歩いたところでこれを見かけた。
小さな赤い実がたくさん集まっている。

背はそれほど高くない。それがたくさんあった。
何だろう?

あれに見えるは何かの観測機器?太陽電池と、上に見えるはカメラかな?
栂池自然園にはライブカメラがあるけど、これかな?

蔓人参(つるにんじん)。

蔓人参はほとんどが低い位置でこのように真下を向いているために花の中を見るのは難しい。上の写真はかろうじて写せた物。
人参という名はあるけど、キキョウ科。そう言えば形もなんとなく桔梗に似てる。臭いもあるらしいけど、それは後で本を読んで知ったこと。今度行ったとき嗅いでみよう。

ヒョウタンボク。変わった実の付き方してるなぁ。

モウセンゴケ。いわゆる食虫植物。
実はこの写真にも捕らえられた虫が映ってる。解る?

その横にはキノコが。
細かいところにまで目を向けて探せば、いろいろな物が見つかる。

そして入り口が見えてきた。

到着。13:30。
入ったのが10:30だから、3時間で回ったことになる。速いかな?

ところで、この公園内でもアクションカメラで撮影していたのだけど、この出口の近くから撮影が止まっていた。スイッチ入れてもすぐ止まってしまう。行きのゴンドラの中、白馬駅通過時にカメラが落ちて大衝撃がくわえられたのは書いたが、その時電池からカメラに給電するUSBケーブルが破損してしまった。
そのせいで接触不良で電気が供給されずに撮影できなくなった・・・とこの時は思っていた。そこで、外部電源ではなくそもそもカメラ電池で撮影を継続した。2個あり、各1時間だから、残り2時間。

家で調べたところ、実はその外部電源が完全に放電してしまっていたことが解った。まだメモリは2つ以上着いてたはずで、そこまでの時間から考えてまだまだ余裕があると思っていたのだが、
(1)衝撃によって放電された(ケーブルの短絡があって放電したとか)。
(2)メモリの進み具合は均等ではなく残りは一気に進む
なのかもしれない。
いずれにせよ、このときは残り時間が最大2時間なので、子の後のことやまして京都まで帰る電車内では撮影不可となってしまった。
電池の特性はよくよく知っておきべきであると思った次第。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/02/02/8347899/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局