京都大雪(17);大宮・仙洞御所2017年02月04日 19時13分20秒


栄螺山(さざえやま)。醒花亭(せいかてい)の横にある「山」。
上にある丸い物をサザエの貝殻に見立ててそう呼ぶらしい。古い地図には茶臼山とあるらしい。上に石組みがあり、古墳ではないかとも言われているとか。

これはこの写真の後方にある穴。「お冷やし」と呼ばれる氷室=昔の冷蔵庫ですな。
冬に洛北で氷を切り出してここで保存したとか。「冷蔵庫」じゃなくて「冷凍庫」か。

柿本社(かきのもとしゃ)。その名の通り柿本人麻呂を祭っている。
火防の神様である。
なぜ彼が火防の神様なのだろうか。それはひらがなにしてみれば解る。「かきのもとのひとまろ」→「火気の元、火止まろ」だからである。昔の人はだじゃれも神様にするユーモアがあったということで。

池の西を北に移動、州浜と先の八つ橋が見える。
この角度から見た方が全景が見えて美しい。

ふと横を見るとこんな物が。寒さに弱い木なんだろうけど、何だろう?
なんか唐傘お化けに似ているような。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/02/02/8347900/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局