博多総合車両所見学(15)2017年02月26日 08時40分39秒

運転台見学を終えて外へ。
そうか、九州新幹線全線開通からもう5年も経つのか。一度鹿児島まで行きたいと思っているのだが、なかなか機会がない。今年こそ行けると良いな。

ふと500系の中を見るとこんな物が。
ガラスが光って見にくいけど、子供運転台。どこまで忠実なのか解らないけど、N700系とはだいぶ違うような。

側面のカンセンジャーマーク。
子供向け。

こちらは反対側の大人向け?

2両並んでいるところでよく見ると、双方のパンタグラフの形が同じ。

こんな形。
シングルアームパンタグラフ。最近の電車で多い形状。部品点数が少なく空力特性も良いから。
よく見ると細かい穴が開いているのだけど、これは空力特性をさらに向上するためらしい。新幹線ほどの速度になると細かい技の集大成が必要になるのだ。

でも500系のは元々はこんな形だった。
他の形式には使われてない唯一無二の形。変更されたのはメンテの問題か、今の500系は300キロでは走らないからか。N700系も300キロで走るのでパンタグラフの性能としては問題ないはずだけど。

先頭からもう一度。



というところで車庫を出て今度はどこへ行こう。
写真で左手はドクターイエローとか車両所がある。右手にもなにやらあるようだ。そちらへ。

同志社の梅3題2017年02月26日 19時56分30秒

今日の京都はとても良い天気で、日差しの下ではとても暖かかった。
そんな風だから、御苑に梅を撮影しに行ったのだけど、それは省略するとして、帰りにふと同志社大学今出川校舎に行ってみた。

これは西門すぐにある教会(礼拝堂)。おぉ、前に梅があるではないか。これは良い構図とばかり撮影。
ここには紅と白の梅があるのだけど、紅は強い香りを、白は淡く優しい香りがあって、どちらもとてもかぐわしかった。日当たりが良いのか、もう盛りは過ぎている。あと1週間くらいか。ちなみにこの建物は国の重要文化財のはず。でも現役。

一方こちらはその(写真で)右隣にあるハリス理化学館。
この前にも梅があったので撮影。18~50mmのレンズでは入りきらなかったので縦2枚繋いでる。
ちなみにこの建物、今は展示館だけど、元々は工学部のもので私が通っていた頃は現役で使ってた。この中でもだいぶ実験したなぁ。でもこれも国の重要文化財。当時もそうだったのかな?そうなら使えないか。
実はこの建物の展示を見に行ったのだけど、今日は休館だった。でもこれらの梅に出会えたから良い。

こちらは左隣=門から入ってすぐにある彰栄館。
これは私のいた頃からは入れなかったような。だから何の建物か知らない。これも重要文化財。今出川キャンパス内にはそういう建物が多い(他にも重要文化財が2つ、登録有形文化財が2つある)。さすがは歴史のある大学。

今はこんなものもあって、バーチャルキャンパス見学みたいなのも出来る。それでは建物の名前はわからないので、それが知りたい場合はこちら

すごい時代になったなぁ。歳を取るはずだ。
と言うことで、久しぶり、でもないか、母校見学でありましたとさ。今度学食も行ってみようか。一般人も入れるのかな?まあ、日曜日はやってないだろうけど。
(C)おたくら編集局