初夏の仙洞大宮御所(2)2017年06月01日 07時46分20秒

最近忙しくてなかなかネタが書けないことがある。なので投稿間隔が延びる傾向にあるけど、あしからずご了承を。そのうちお宝映像とともに出せる、かも。

・・・
先に「とんぼ池」ネタを出したの飛んでしまったけど、仙洞大宮御所の続き。

御常御殿の前。右下の人が、今回の案内人。
快晴。前回の雪の写真と見比べるといいかも。

前回紹介だけしたけど写真にはよく写ってなかった、屋根の上の鎖。
これを持って、屋根の上の作業をする訳ね。

松、竹、梅は見えないけど近くにある。

場所はここ。


初夏の花2017年06月03日 09時12分44秒

暑かったり涼しかったり、おとついの夜は台風並みのどえらい雷雨だったりで、天候が不順な今年。アメリカのあれはパリ議定書から脱退するとか言い出して、一層温暖化が進むんじゃないかと危惧される今日この頃。アメリカがどうなろうと知ったこっちゃ無いけど、天候地球全体で関係しているからね。

・・・それはそうと・・・

うちでは朝顔が咲き始めた。
これが今年第1輪目、じゃなくて多分2輪目。1輪目は1日前で見逃した。今年は白馬朝顔の他、去年買った白朝顔とかいろいろ混ぜて蒔いたから、どこに何が咲くか楽しみ。
今年は早いのかな、と思ったら去年より数日遅かった。

今年はひまわりも蒔いた。こちらもいつ咲いたかはわからない。

一方で百合はまだ全く咲いてない。この株が一番咲くのに近い感じ。
早ければ明日明後日かも。百合も今年は遅れ気味。まあ、今年はその分丈が伸びているけどね。

ひまわりの葉っぱの上とみるとあれが。
今年は土を全部入れ替えたので発生しないんじゃないかと思ったけど、出てきた。一体どこに卵産んでるんだろう。わずかに残ってた去年の土?

ということで、うちのプランターも初夏の装いになってきた。

初夏の仙洞大宮御所(3)2017年06月04日 07時37分00秒

北池。
前にも書いたけど、ここの池の水は最初は鴨川の水、明治以降は琵琶湖疎水、じゃなくて御所専用の疎水で引いていたらしい。今は地下水。これだけ大きな池を維持できるのだから、京都の地下水は豊富なのだ。豆腐とか酒が多いのもそのおかげ。

アオサギが居た。
この後の写真でも出てくるけど、この日はたくさんのアオサギが見られた。


快晴。

上の写真の中央をアップするとこう。
ここが北池と南池を結ぶ掘り割り。見えている橋は紅葉橋。

府立植物園2017-6-4(1)2017年06月05日 06時33分16秒

実は金曜日から体調崩して土曜日には38度まで熱が出てへばっていたのだけど、薬が効いてくれて日曜日には大分回復した。熱が出たのは久しぶりだった。しかし外は快晴でしかも涼しい。最初は家で養生していようかと思ったのだけど、こんな日に家の中に居るのはいかにももったいないので、弁当買って府立植物園に行ってみた。

御苑ではあやめも花菖蒲ももう終わったけど、植物園では花菖蒲がこれから。
種類にもよるけど、満開のもあれば全然のもあり、全体では3分以下か。


あっ、オニヤンマが居る。
アップの写真はまた明日。

一方、北西にある賀茂川門のちょっと南の川では梅花藻が咲いていた。

京都では絶滅危惧種なんだそうで。

府立植物園2017-6-4(2)2017年06月06日 22時19分36秒

正門は行ってすぐ横のバラ園では、今バラが満開。
ちょっと視線が高すぎたけど、全体。

こちらは一部。

いろんな種類のバラが咲いている。

珍しいところでは、このように2つの色の花が1つの株に咲く物や、

1つの花の中で2色が混じる物があった。

こちらは花の中にいたはなむぐり。
寝てたみたい。動いてなかった。良い天気だもんねえ。

こちらはいかにも「バラ」ってな感じのバラ。
やはりバラというとこの色のこの形のイメージが強い。高島屋の影響?年齢がばれるなぁ(^_^;)。


府立植物園2017-6-4(3)2017年06月07日 23時46分10秒

お昼は、最初に書いたとおり出町柳商店街で買ったお弁当。
たくさんの惣菜の中から6種類のおかず、かやくご飯(白飯もあり)とこれだけ入って540円(税込み)なのは安い。味も良い。これに比べたらコンビニ弁当はやっぱりまずい。誰だよ、最近コンビニ弁当がおいしくなったとか言ってるのは。

それはいいとして。

睡蓮はちょっとだけ咲いている感じ。賀茂川門横の四季彩の丘の池にて。


よく見ると糸トンボが居る。
これは先の物差しとんぼとは違う。鮮やかな水色で、目が大きい。

百合2017年06月09日 06時18分02秒

今年も百合が咲いた。白馬は岩岳で買ってきた物。去年9株も追加したので今年が楽しみだった。
これは濃い紫で、比較的小ぶり。
朝顔の支柱があるのでちょっとすっきり撮影できないけど、仕方ない。

アップの写真。濃い紫と言うより、焦げ茶に近いかな?

これは毎年咲いてくれている株。透き通るような黄色。
高い位置にあるプランターで、さらに背丈が1メートル以上に伸びているので鼻の位置は私の身長よりずっと上にあった。なので最初気がつかなかった。

これは別の種類の濃い紫。かなり大きい。
先ほど「比較的」と書いたのは、これに比べての話。それ単体で見たら、黄色のより大きい。

百合が咲き始めたら初夏という気分が高まる。今年はつぼみが多いから、しばらく楽しませてくれそう。

ひまわりさんは3株が咲きそろい。
ひまわりは花が長いのね。1週間以上たっても元気。オンブバッタによる食害も少ない。先週は毛虫が居たのだけど退治したし。

朝顔さんは毎日1輪ずつ。
後ろに見えるのはお地蔵さんの祠。今はお寺に預けられている。
お地蔵さんがお帰りになるまでの間に伸ばして、お帰りになったら、毎日新しい花が供えられるようになるようにしないと。

府立植物園2017-6-4(4)2017年06月10日 09時35分37秒

赤とんぼも居た。
赤とんぼと言えば秋のイメージがあるけど、実際にはこんな初夏から飛んでいる。秋になると数が増えるのか、他のが減って相対的に多く見えるのか。

何か南国風の葉っぱと大きな花。
パイナップルが花になったらこんな感じ?・・・おぉ、そういえば先週買ったパイナップルが冷蔵庫にあったはずだ。食べなきゃ。かなり高かったから腐らせるわけにはいかん!
これがそのパインアップル。高さ15センチくらいかな。

一方こちらはアーモンドの実。梅を長細くしたような感じ。
食べるのは種の部分か。実はどうするんだろう?

これはキリンソウ。
黄色の花が鮮やか。

こちらは八方にあったキリンソウだと思う花。
やっぱり似てるね。

アオバズク2017年06月11日 07時35分12秒

今年もアオバズクが営巣をする時期が来た。そう思って、御苑内で例年見られる場所に行ってみた。最初はなかなか見つけられなかったのだけど、よくよく探してやっと見つけた。
この写真は3倍。わかるかな?

中央奥にいた。こちらは20倍。
斜めから見ている感じ。顔を横から見てる。目を閉じて寝ている。

50倍。目は閉じたままだけど顔はこちらに向けた。
シャッターの音に気がついたかな?
ということで、そういう季節になった。

調べてみたら去年とほぼ同じ日だった。子供が見られるようになるのは7月末か。それまで、騒がさないよう、観察することにしよう。

府立植物園2017-6-4(5)2017年06月12日 06時12分01秒

ハートの文様がある花。
薬品処理したわけじゃないよね?花の色って水素イオン濃度(pH)で決まることがあるようで、朝顔でも鼻に薬がかかると色が変わってしまうことがある。

ヘビイチゴ。まだある。ヘビイチゴ。は余り虫に食べられないのかな?

ふと服を見るとこの子がいた。
写真を撮ろうとするとすぐに動いて飛んでいったのでこの1枚だけ。

こちらはナデシコの花に来てたアゲハチョウ。

最後に、正門前に咲いていたこの花。青空とのコントラストが美しい。
芥子の花に似ているけど、つぼみが違うか。

近畿も梅雨に入っちゃったけど、晴れたらまた行ってみよう。
(C)おたくら編集局