初夏の仙洞大宮御所(3)2017年06月04日 07時37分00秒

北池。
前にも書いたけど、ここの池の水は最初は鴨川の水、明治以降は琵琶湖疎水、じゃなくて御所専用の疎水で引いていたらしい。今は地下水。これだけ大きな池を維持できるのだから、京都の地下水は豊富なのだ。豆腐とか酒が多いのもそのおかげ。

アオサギが居た。
この後の写真でも出てくるけど、この日はたくさんのアオサギが見られた。


快晴。

上の写真の中央をアップするとこう。
ここが北池と南池を結ぶ掘り割り。見えている橋は紅葉橋。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/06/01/8582202/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局