真夏の京都の始まり2017年07月01日 13時18分44秒

今日の京都市内は、早朝4時台から6時くらいまでは大雨で、その後止んだ。9時を過ぎてから日が差してきたけど、雲は多く残り、降りそうな曇りと晴れを繰り返してる。
その雲の隙間から指す日差しはもう真夏のそれの強さがある。さらに今日は雨上がりで非常に蒸し暑く、京都市内の真夏という感じ。
折しも今日から7月、京都は祇園祭の月に入った。これからが夏本番。

うちの朝顔は、今年からほぼ白馬朝顔だけにした。従来種が弱くなり、花もしわしわになってしまったから。その白馬種は今まで持ってた濃い紫に加え、昨年いただいてた赤紫と白に薄いピンクの斑点が入るのを加えて3色、さらに、去年株を買った白に紫の線が入るのを会わせて4色体制になった。赤紫のが新白馬朝顔。
同じく去年株を買った白の大輪は今年は咲いてない。そもそも余り種は取れなかったのだが、発芽しなかったか、したけど間引いてしまったか。双葉の時には見分け付かないからなぁ。

濃い紫が、私曰く「白馬朝顔」。でも今年からは3色になった。
すでに蔓は2階まで届いている。

白に薄いピンクの斑点が入るの。これも白馬朝顔。

白に紫の線が入るの。
ということで、うちの朝顔も真夏体制万全。
百合は残り1種類2輪を残すだけとなったけど、その最後のがひときわ色が鮮やか。そのうち、今年咲いた百合もアップしたいかと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/01/8607784/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局