最後の子猫2017年07月07日 05時09分15秒

以前庭にいた猫。その後姿が見えなくなっていたが、どうにも鳴き声が聞こえることがあった。探してみると、こんな狭い場所にいた。
わずか10センチほどの幅の場所、長さは1メートルはあるか、それが2津並んでいるのだが、その間を行き来しているようだった。

直接は見ることが出来ないので、カメラのオートフォーカスに任せて撮りまくったら、数枚写った。

ピンボケだけど、首のかしげ方がラブリー。

しかし、この撮影を最後にこの子たちの姿は見えなくなった。すみかがばれたのでまたぞろどこかに行ったのか。用心深い連中である。

また会えれば良いが、少なくとももう庭には居ない。ああ残念。さっさと確保しておけば良かった(^_^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/06/8615206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局