駆け足新潟帰省(10)2017年07月09日 06時48分39秒

翌朝。
庭に出てみると、何やら木の実がなっているのに気がついた。木イチゴに似ているけど、ちょっと違う。

こちらが熟した実。熟すと黒っぽくなる。

小型のブドウみたい。
食べてみると、とても柔らかい甘さ。他に食べたことがないようなほのかな感じ。種もないので丸ごと食べられる。

おいしいので熟した実を収穫したが、こんなにもなった。
紙コップ1個半分(写真には写してないけどもう半カップ分ある)。

蟻がかなりたくさん付いていたので、このあと蟻取りをしたのだけど、それはどうでもいい話。今考えたら、洗うのも兼ねて水にさらせば良かったのか。

この実は京都に持って帰ってしばらくお弁当に入れてたけど、時間が経ちすぎてカビさせてしまった。あまりはジャムというか砂糖漬けとかにすれば良かったのかなぁ。

隣の木にも実がなっていた。似ているけど別の種類。
こちらはまだ食べられる状態ではなかった。残念ながら今年は食べられない。来年、これを食べるためだけに来ようかな?贅沢。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/09/8616896/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局