復活の子猫2017年07月13日 22時50分30秒

子猫たちの姿が見えなくなって幾星霜・・・というほどではないが、さみしい思いをしていた。

それが、昨日の夜、ふと外に出てみると、何やら視野の端で動くものが見えたので、カメラと取りに行って撮影してみた。暗くて肉眼ではよく見えないが、フラッシュをたいてみたら子猫たちがいた。


庭で遊んでいたのだろうか。前から余り体格的には成長していないようだが、行動範囲は広がったのだろう。

最初は4匹居たと思ったけど、そのあとはずっと3匹しか見えなかった。でもこうしてみるとやはり4匹居たようだ。

そういえばこの子たち、耳が大きいなぁ。出来れば茶色の子を確保したい(^_^;)

・・・
で、そのようく実=今日、また会えることを楽しみに居ていたんだけど、会えなかった。またどこかに行ったんかなぁ。「猫缶で誘惑」をしなきゃ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/13/8619434/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局