2017祇園祭先祭巡行(4)2017年07月23日 06時27分06秒

蟷螂山。「とうろうやま」だけど「かまきりやま」とも言う。作りから見て、山の中では一番豪華というか凝っているんじゃなかろうか。
その名の通り、屋根の上に蟷螂がいて、時々動く。私の前を通り過ぎるときにはほとんど動かなかったけど、拍手が上がるほど人気がある。祇園祭の山鉾の中でからくりがあるのはこれだけではなかろうか。地方の祭りに行くと山車にからくりがあったりするけどね。飛騨古川とか。

菊水鉾。

その名の通り、菊の紋が入っているし、真木柱上の方にも菊があしらわれている。
ちなみに、天皇家を示す菊のご紋とは形が異なる。

白楽天山。
この山で注目すべきは、担ぎ手がほとんど外人なこと。人手不足と言うより、多分集めてるんだろうね。外国にも開かれた祇園祭?男性なら洋の東西は問わない訳ね。

郭巨山。

保昌山。
保昌山は山鉾の中で一番南・東にあって他のからちょっと離れている。だから私もここだけは宵山で行ったことがない。一度は見てみたいんだけどねぇ。

ここから後3基なんだけど、間が開くので時間がかかる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/07/22/8625595/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局