2018新潟/白馬大作戦(8/13の7)2017年10月08日 07時01分39秒

細かく書いているとなかなか先に進まないし、時間が経てばいろいろ忘れてくるので、ここからは重要なところだけ押さえつつすっ飛ばしていこうかと。

   ・・・

さらに進むと分岐点が見えた。ここで峰コース、沢コース、三小沢コースの3つに分かれる。お寺さんに教えてもらったところ、近いのは峰コースだけど、暑いときは沢コースを選ぶと涼しいらしい。今日ははなから曇りなので、時間を重視して峰コースへ行く。一番右の階段。

こんな階段が延々続く。

途中にまた下界が見える場所に出た。

天気がよければいろいろな山が見えるようだ。

遠くを見ると駅近くが見える。上の写真の右手奥。
見慣れた建物も遠くから、かついつもとは違う方向から見ると妙に見える、というか新鮮?

ところで、この山に入ってからこういう繭をたくさん見かけた。ここは特に集中していて葉っぱという葉っぱみんなに付いている感じだが、他の所でも木の幹などいろんな場所で見られた。
主に登山口から中腹くらいの間か。山頂近くではなかったような。

ひょっとしたらこれは「野蚕」(やさん)というやつかもしれない。天然の蚕に近い種類。1種類ではなくいくつかの種類の総称らしい。この繭からも絹糸に似たものができるのでこの名があるが、普通の蚕より遙かにつやがあるものができる種類もあるそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/10/07/8697552/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局