京都水族館2017年10月09日 15時58分17秒

京都水族館に行った。実は初めて行ったのは9/16なんだけど、出すの忘れてた。で、昨日10/8も行ったので出そうと。

なんでそんなに短期間に複数回行ったかといえば、年間パスポートを手に入れたであり、それは某所から株主優待で京都水族館(東京の水族館もあった)をもらえたから。

なお、京都水族館の年間パスポートは写真を撮影してカードに入れるので別人が使うことは出来ない。

9/16は台風が近づいてて大雨で人が少なく、館内をゆっくり見ることが出来たが、10/8は3連休の中日、晴天でとても人が多かった。あまりに多くてゆっくり見るのは無理で、ほとんど早足で通り過ぎただけになってしまった。まあ、そんなことが出来るのも年間パスポート故である。

水族館は七条大宮下る、梅小路公園の一角にある。京都駅からなら205番か208番のバスに乗るか、歩いても15分位である。さすがに大雨の9/16はバスで行ったし、昨日は自転車で行った。
なお帰りは、七条大宮の交差点で西北の停留所に止まるバスはおそらくすべて京都駅を経由するので何番に乗ってもよい

館内の細かいところを紹介するとネタばらしになるのでいくつかだけ紹介。

オオサンショウウオ。こんなに大きかったのか。いや本当に大きいし、たくさんいる。

大水槽。
鰯に注目。

タコ!!
実は私は新潟で生きているタコを見たことがある。生きているタコは半透明に見えた。この個体は白っぽかったけど。

チンアナゴ。いろんな種類がいるのね。

これがカジカ、の一種。「あゆかけ」かな。
コロコロと鳴く「カジカガエル」はもちろん全く別の種類。
この子たちはちょっとわかりにくい場所にいる。3階の売店の横。

イルカショーもある。これは練習の風景。
練習の時の方がイルカが楽しそう。なので、こちらも見るのをおすすめ。

最後は出口直前にある京都の里山のコーナー。
作られた一角だけど棚田があったりしてなかなかよく出来ている。
前回はアオサギが来ていた。

このほか、ペンギンのコーナーやアザラシ&オットセイのコーナーなどもある。それらを除き、ここに展示されている魚介類は京都の淡水魚、海水魚が中心だそうな。
それほど大きな水族館ではないけど、だからこそ子連れで見て回るにはちょうど良い規模じゃないかな。

そうそう、ここは一部が屋外というか屋根のない構造になっているので、雨の日に行く場合は傘を持っていった方が無難。直接濡れることはないけど。

館内には飲食コーナーがいくつかあるけど、外、道路沿い、近所の「なりたや」という食堂が穴場でおすすめ。定食は味が良くて量も多くて。定食屋のエビフライなんてしょぼいものも多いのに、ここのはまともというかおいしかった。でも、ここだけで売っている舞妓焼きというおまんじゅうは私には合わなかったかな。あっさりタイプを選んでも私には甘すぎた。

京都に来てわざわざ行く場所じゃないかもしれないけど、京都に住んでいる人なら行って損はないと思う。年2回以上行くなら年間パスポートにした方が良い。そういう価格。通常価格はいくらだろう。切れるころには調べておこうか。

追記:
ちなみに、京都アニメーション作品「中二病でも恋がしたい!恋」の第2話で主人公たちが行った「さざ波水族館」はここがモデル。タコは大水槽の中にはいないけどね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/10/09/8699411/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局