出町商店街食べ歩きツアー(2)2017年12月20日 07時56分45秒

次に行ったのが鶏肉屋さん。商店街、西側の入口入ってすぐにある。
京都では基本的には肉屋は牛・豚を扱い、鶏屋は鶏肉を扱うのはまた別の店になるそうで、出町商店街にはそれぞれがある。

ここでは京赤地鶏の唐揚げを頂いた。しかもこんなにたくさん!
もちろん私一人じゃなくて参加者全員で食べるのだけど、1人2個以上食べても余るくらいあった。しかも、「食べきるまで次へは移動しないぜ!」。5つ以上食べた気がする。美味しいからお土産に、とも思ったけど、流石に今日は要らないなぁ(^_^;)

ここでは京地鶏の定義(遺伝的、生育環境など色々と決まりがあるらしい)も教えてもらったが、そういう意味ではここのは最高級に近い。その分値段もそこそこだけど、味はたしかに良い、いつもというわけには行かないけど、ハレの日にでも買おうかな。買ってないので値段は忘れた。
こういうこだわりのあるお店が多いのね、ここは。

最後はアーケードから外に出て西側の道路沿いにあるここ。

漬物屋さん。ちりめんもあるよ。


普段は上がることができない中の座敷に通してもらって・・・

頂いたのが漬物3種。
赤いのが今の旬の赤かぶ漬け、あとはきゅうりだけど、鮮やかな緑の方はしょうが、深緑のはごぼうをそれぞれ中に通してある。単に漬けてあると言うだけでなく、中に別の素材を通すという一仕事してあるわけで、それがまた味と歯ごたえが複雑になってとても美味しい。「青でっぽう」というんだったかな。

おみやげに1つ買っていった。450円(税込み)だから、出来からすれば安いんじゃないかな。今度漬物好きの友人が来たときに紹介しよう。

ということで、4箇所1時間ちょっとの食べ?歩きであった。このあと集合場所に戻ってかんたんなアンケートを書いて抽選した。

この商店街には何度も買いに来ているけど、だいたい店は決まっているし、行ったことのある店でも中にどんな商品があるか、またその商品にどういうこだわりがあるかまでは知らなかったので、そういうのが知れるこれは大変有意義なツアーであったといえる。参加してよかった。

実はこの16~18日の他に、23~25日にも行われる。1日1回だから計6回。毎回コースが違うということだった(週跨いでも違うのかはわからないけど)。ということで、実は翌日も参加したのだけど、それは明日からのネタで。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2017/12/18/8750925/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局