似非しまなみ海道物語(6)2018年05月01日 05時05分54秒

ソメイヨシノは当然もう散っていたけど、八重が満開。山頂までまだ1.6キロ。

地面には雑草も多く花を咲かせていた。これはなにかの白い花。
他では見たことがない。

この白い花はさっきの自転車の休憩場所の下にだけあった。
ごま系で、これの紫の花のはよく見かけるけど、白は初めて。

・・・

唐突に山頂したの駐車場に到着。

この間、一眼レフはしんどくて撮影できなかったのだけど、実はアクションカメラも映像がない。どうやらSDカードの容量いっぱいで切れてしまってた様子。まあ、同じルートを下りも通るとはいえ、惜しいことをした。SDカードの交換タイミングは難しい。前のアクションカメラと同じ32GBで大体4時間で交換だと思っていたら、新しいものは画質が言い分時間が短くなっているようだ。3時間15分位。それでもまだ大丈夫だと思ってたんだけど。今後も欠けているところがあるかもしれない。整理する段になって気がついてもなぁ。

自転車はここに置いて、残り少しの坂は歩いて登る。
降りてきている人は、今回唯一すれ違った自転車。ちなみに、唯一すれ違った自動車は、老人会かなんかのワンボックスだった。

最後、展望台までの少しの間はこの坂を登る。
右手は全部桜だから、咲いている頃にはさぞかし見事だったろう。

登りきったところに石碑と八重桜がある。
この前に立って記念撮影でもしたかったところだが、三脚は持って行ってないし、カメラを置く台もないのでこれで。よく見ると桜の奥に多々羅大橋が写っている。肉眼で見ると視野が広いのでもっときれいに見えていた。このあたりが写真の限界。

そしてこれが展望台。
最後の力を振り絞って階段を登る。

・・・

GW中、しばらく田舎に帰るのでここの更新はお休みします。通信関係が一切ない環境なので。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/04/29/8835987/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局