似非しまなみ海道物語(8)2018年05月08日 06時37分31秒

名残惜しいが出発することにする。12:08。
20分ほどいたのか。もっと長く居た気がした。

次の目的地は右手に見える多々羅大橋の横の多々羅しまなみ公園。
あっ、その前に昼食に行かなきゃ。岩城港。

展望台2階はこんな感じ。晴れている日にわざわざ入る必要はないと思うけど。

もう一度石碑の前で撮影。今度は生口橋がよく見える・・・かな?

下り坂は、階段はあるのだけどほどんど見えない。

最後のこの上りは、疲れ切った体には結構きつかったね。
そうそう、ここにも書いてあるけど、展望台のところにはトイレはない。この駐車場か、その下はこの看板のとおりちょっと離れている。要注意。

土手にはたくさんのすみれが咲いていた。

まさしく群生。

ちょっと下ると脇道があった。
登ると見晴らしのいい場所があった。

この方向だけなら展望よりこちらのほうがより近くに見える。

自転車とともに1枚。
ちょっと画角が良くなかったか。
これから先はしばらく下り一方だから楽なはずだけど、この自転車は一番重い段が抜ける。抜けない段を探しながら下っていく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/05/08/8846750/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局