似非しまなみ海道物語(12)2018年05月12日 06時43分49秒

港の横を見ると大きなタンカーが見える。

なんの船だろう。なんか甲板を折り曲げて開けているような気がする。

対岸に見えるあの船が多分連絡船。

来た。ここも上島町のフェリーなので例の割引券が効く。

壁には絵が、2階には何やら飾り付けが。
桜まつりの飾りのよう。

これ。
15日までが祭りの期間のようだけど、8日にイベントが有った様子。でもなんにもなかったけどね。山の上も港も。

船のトイレ。岩城島は愛媛県だけど、生口島は広島県だからやっぱりこれ?

女性の方はこれ。カープ女子?

スタッフのはレモン。

錨があった。
大きいのか小さいのかわからない。

14:30に出発して生口島は洲ノ江港到着は14:35。5分の船旅。
船を利用するといろいろ行き方に幅が広がるから、どんどん使っていこうと思う。せっかく割引もしてくれることだしね。それは今回の旅行でも遺憾なく発揮されることとなるのだが、それは翌日の話。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/05/10/8848675/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局