似非しまなみ海道物語(14)2018年05月14日 06時13分19秒

しまなみ海道沿いはキジがとても多い。でも、鳴き声はよく聞くが、姿はごくごくまれにしか見られない。このときも鳴き声がしたので見ると一瞬姿が見えた。
わかるかなぁ、木の陰にオスが1羽いる。別の場所で目の前を横切る姿も見たのだけど、それがアクションカメラに写っているかどうか。長い録画の中からその一瞬を探すのは至難の業。せめてその日時をメモしておけばよかった。

高速を降りるあたりにあった看板。
自転車は、生口島は基本北回りだけど高速道路は山の中腹を走り、出口は南側にある。

南はほとんど海岸沿いの平坦な道。
なんか前方にお堂が見える。11面観音堂という所だと思うが、多分入れなかった。

なんか海に突き出した橋の半分のようなものを発見。15:10。
GPSログから察するに尾道産業(株)瀬戸田工場らしい。船の備品を作っているようだ。
地図で見るとこれと前のお堂の位置関係がおかしいように思うかもしれないけど、これは振り返って撮影したから。

眼前に多々羅大橋が見えてきた。あと少し。空と海との間にある橋が美しい。
でも、多々羅大橋へ向かう坂の入り口はまだ遠かった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2022)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/05/12/8849574/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局