新潟・白馬2018(4)2018年09月01日 07時52分46秒

名立谷浜SAに到着。13:16。予定通りかな。
しかし、有磯海~名立谷浜間は本当に危なかった。何度もふらふらしてセンターラインを超えそうになった。疲れがピークに達しているところにトンネルの連続で明暗が変化するので眠くなるのだ。事実、帰りにまだ元気な内、夜中に通るとこんなことはない。ここのトンネル、もっと明るくできんもんかなぁ。それか、効果てきめんに眠気をふっとばすドリンクとかないか。30分から1時間効いてくれれば良いのだが。

雲は多いので、遠くは見えない。

実はこの名立谷浜から後の丸大までの間のアクションカメラ映像がない。名立谷浜で止めて、その後電源入れ忘れてたのだ。

ところがこの間に危ないことがあった。走行車線を走っていると、目の前で写真のど真ん中で止まっている車があった。急ぎ追い越し車線に入ってやり過ごしたが、どうもパンクしているようだった。車体が傾いてた。

しかしだなあ、こういう時は三角板を立てるなり、発煙筒と炊くなりしないと非常に危ない。昼間で、車の数が少なく、私も速度をそれほど出してなかったから避けられたけど、そうでなかったら衝突しててもおかしくない。

その後、この区間の走行速度が50キロに制約されたが、そのとき、速度の看板が50キロになる瞬間を始めて見た。電光掲示ではないタイプの速度看板は、グルっと回って下から速度表示が出てくるのだ。書いてもわからないかも知れないけど、紙芝居みたいな感じ。なんかちょっと得した気分になった。

名立谷浜で長めの休憩をとって目を覚ましたつもりだったが、まだ危なかったので米山で降りた。

そして越の蔵へ。もう何度も紹介しているので詳しくは書かないけど、地酒屋。14:13。
行くと、いつもの方がいらっしゃった。お土産用に買うには早すぎるので、挨拶がてらこちらにいる間に飲むもの1本を買う。1本、よく売れる銘柄があるのでとっておいたら?ということで、確保しておいてもらう。「景虎」。受け取りは後日。去年も買ったやつじゃないかな。

柏崎駅前に向かい丸大へ。14:20位。すると何やらのぼりが出ている。「閉店!?」

なんと、丸大柏崎店がこの19日で閉店だと。
37年か。私はその誕生から終わりまでをすべて見てきたことになるのか・・・いや、そこまでは行かないか。私の知っているのはここ30年位。昔は4階+屋上までフルに埋まってて、4階の本屋でこちらに居る間に読む本を買って、屋上の食堂街で食事しして地下で食料買って椎谷に行ってた。そのうち屋上が絞まり、4階も閉鎖され寂しくなっていたが、とうとうこの日が来てしまったか。

この丸大は、私にとって非常に買い物がしやすい店だった。食料品も質が良いのが豊富で安かったというのもあるが(丸大は肉、ナルスは魚が良かった)、日用品や服も買いやすかったというのもある。コンビニよりかは遥かに品数が多く、デパートほどかしこまらず、専門店街ほどの入りにくさはない。リアル店舗で服を買ったのはここだけじゃないかな。30年で100万円は買っているかも知れない。少ないと思うことなかれ。年に1~数回しか行かないでこの額だから。

ここがなくなったら、食料品はナルスでも買えるけど、外のものは困るなぁ。どうしよう?

もうすでに総ざらえセール中で、食料品は一部棚が空、衣服や日用品は閉店セールで3割引きとかやってたからかなり買ってしまった。布団とか靴までも。そう、タオルケットとかも安いんよね。

買い物をしているうちに15時に近くなった。まだ朝食+αを買っただけだが、15時からガスの開栓が来るので家に居なければならない。大急ぎで椎谷に向かう。

椎谷に到着して荷物を家に運び入れている間にガス屋が来た。ぎりぎり間に合った感じ。今日は水道も開栓をお願いしてあったが、そちらは立ち会い不要なのでもう開栓されていた。

家の中で何か転がっていると思ったネズミの死骸が。5月に来たときも箱の中にあったけど、それとは別。その前のは食われたのか干からびた何か(骨?)が残っているだけだった。あっ、これコウモリだ。どこからか家の中に入り込んで出られなくなったのだろう。それにしても2匹とも仏壇の前にいるというのがなんとも。合掌。

ガスの開栓の後、ちょっと迷ったが、やはり買い足りないので再び丸大へ。

途中ガソリンスタンドで給油。新潟はガソリンが比較的安い。
540キロで37リットルか。リッター14キロ強。20キロまではいかんなぁ。

二度目の丸大。今度はゆっくり、タイムセールもあって食材も安くなってる。思い残すことがないよう、目一杯買いましたとさ。

しかし、昨年美野家がなくなり、今年はここ。もう駅前に来る要件がなくなるなぁ。

珈琲屋にも行く。ものすごく香ばしい香り。この店のためだけに来るか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/08/31/8954121/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局