新潟・白馬2018(30)2018年10月12日 06時14分50秒

先に進む。
これは沢を写したのでも崖を写したのでもない。滝から暫くの間はこういう道。
小さめの岩がゴロゴロで歩きにくい。しかも濡れているので滑る。要注意。

その先は一旦普通の山道になる。
鋸山は所々平らもあるが、基本的にはひたすらつづら折れで登り。
そういう感じは弥彦山に似ているけど、こちらは岩がゴロゴロ+粘土質で濡れているところも多く、さらに道がものすごく狭いのでかなり歩きにくい。尾根道以外も幅50センチ程度のところがほとんど。
大方7割は木陰だけど、さすがに今日は暑い。どんどん気温が上がってくるのがわかる。

何かが動いたと思ったら小さなトカゲが居た。
見事な保護色なので、写真で見てもわかりにくいかな。

大きな木が倒れて、そこからまた上に伸びている。
こういうのが何本かあったような。この山は植生は濃い。

途中、視界がひらける場所はあまりない。わずかに見えてもこんな感じ。
下界はほぼ見えない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/10/10/8970806/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局