新潟・白馬2018(31)2018年10月13日 07時23分38秒

花は所々咲いているが量や種類は少ない。




青い実がなっていた。多分サルナシだ。アイスでは食べたことあるけど実物見るのは初めて。梨というよりナツメに似てる。
食べてみたら酸っぱかった。スカンポとそっくりな味。熟すと甘くなるのかな。他にも木ノ実はたくさんあった。この時期、花は少ないけど実は多い山のようだ。

また大きな木が倒れていた。これはまだ倒れて日が経ってない。

途中に休憩所などはない。広い場所もないので荷物を置いても人が通れる位の適当な場所で休憩する。私が休んでいると後から別の人も来て休憩した。そういう場所が少ないので、自ずと集まってしまうのだろう。今日は意外と人は居る。まあ、下に車が10台も止まっていたのだからそれなりに居るだろうけど。殆どは60代以上と見受けられた。

足下に気を付けながら暑い中を歩くのでとにかく大変。冷凍して持っていった果汁水と麦茶がどんどん無くなる。給水配分が重要か。

靴下が薄いため、靴づれしてる。鼻紙詰めてなんとかしのぐ。山頂まで耐えられるかどうか。

木立が切れてもやはり外界は見えない。
9:23。もう出発から1時間経過したか。下界が見えないから高さの実感がわかない。苦行のようにひたすら折れながら登る。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/10/10/8970810/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局