京都紅葉事情2018(9)2018年12月06日 06時52分21秒

今度は京都御苑南側。
御苑には多数の楓があり、楓は台風21号での倒木は殆どなかったと思う。でも色はもう落ちかけ。

九条邸跡池。ここも先週のほうが良かったような。

同じく九条邸跡池の厳島神社側。
右手の漆の一種の木がようやく色づいてきた。先週よりいい色。

閑院宮邸跡の池。
ここは黄色と赤、水面に映るものも含めてコントラストがきれいになるはずなんだけど、黄色がちょっと弱いかな。

この楓が

屋敷の欅の板の間の部屋から見ると床に映るはず・・・なんだけど、日当たりの加減でそれは撮影できなかった。

蔵の前の楓。
ここも先週より色づいてる。

「色づいてる」とは書いているが、よくよく近づくとくすんでいるところも多い。だから、日差しの良い時間に遠目から見るのが良いかと。殆どの場所は午前中早くから13時、おそくても14時までくらいが良いかと。

でも、やはり先日の雨が響いたのか、12/5現在、御苑の紅葉は急速に終わりつつある。そんな感じ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2018/12/02/9006237/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局