新潟・白馬2018(65)2018年12月15日 18時19分03秒

浜全体が見える場所まで来た。
見えている車は私のように山に登っている連中か、とりあえず海まで来たか、それとも海の家のか。いずれにせよ、広い駐車場はガラガラ。

人が何人か写っている。行きは完全に一人だったのに、今から登る人はそこそこいる。

灯台に到着。12:40。

行きに見えた海岸、じゃない海まで突き出た岩を掘って作った道、やっぱりまだ波が荒くて歩けそうにない。
だからその方向には降りない。

降りるのはこっち。海の中に入る様だ。

そして浜の手前まで帰り着いた。
12:43。

新潟・白馬2018(66)2018年12月15日 20時20分19秒

さて、ようやく山を降りきったがまだ時間には余裕があるので、行きに気になっていたこの洞窟に入ってみることにした。

完全な手掘り。人2人が横並びできるかどうかの幅、高さは2mあるかどうか。

トンネル抜けると海岸に沿って岩がくり抜かれ、先の方へと続いている。上から見えていたあの道だ。

足元の海はこんな感じで猛烈な波しぶきが立っている。

先の方では道も波にさらわれており、とてもじゃないが進むことはできない。
ここはまたいずれ、波が穏やかな時に来てみたい。

トンネルを先ほどとは反対方向から見る。
反対側とは岩の種類が違うような。

というところで、角田山は終了。
うみねこたちはまだ様子見してる。

車に戻り帰路につく。家・・・の前に寺泊へ行く。昼食も取りたいし。
(C)おたくら編集局