新潟・白馬2018(83)2019年01月10日 06時07分31秒

ここで先にGPSログを出しておこう。いかに道を外しているかがよく分かる。
右手が今登っている外れたルート、左手が本来の道。季節が違うのか雪渓が写っていないのでわかりにくいが、この間にあるはず。

別角度から。
雪渓を避け登った後、横に移動して本来の道に入っている。
・・・
では続き。
雪渓の真上に来た。

そこから先も岩に手を付き、足元を確認しながら進む。

こういう岩の部分は踏むと非常に危険。万が一にも石を落としたら下にいる人に危険が及ぶ可能性がある。だから絶対に落とせない。注意の上にも注意が必要。
誰もいないときならまだしも、今日は人が多いから余計。

花があっても見ている余裕はまったくない。本当に、行きて帰れるか、もうだめなんじゃないかという思いが頭を巡っていた。

本来なら絶対だめだが、野草の上であろうがそこが一番安全な場所なら踏んで・掴んでいくしかない。
とにかく岩の転がる部分を歩くのは極めて危険なのだ。

やがてこういう場所に着いた。平で地面が見える。
ここで荷物をおろし、休憩することにした。お腹が空いて体に震えがでてきている。

コメント

_ いなかじまん ― 2019年01月11日 00時01分52秒

ちょーット待ってくださいよ、カメラのアングルおかしくないですか?
それともこれが正解?
ええーっ、こんなサバイバル状態だったとは・・
見ているだけで心臓に良くないです。
本当に無事でよかったです

ではまた

_ LeDA ― 2019年01月11日 06時09分56秒

これは、アクションカメラはリュックの肩掛け紐に付けていたのですが、動いている内にずれて斜めになっていたようです。
右に15度ほど回転させると本来の角度になると思います。

地面方向しか写ってないのは、カメラがやや下方向になっていたことに加え、体そのものが地面方向を向いていることが多かったからです。

とにかく、地面にへばりつくように、まさに「這々の体」で動いてました。

何もないような顔でホテルには帰ったつもりですが、実はこのときは顔面蒼白だったに違いありません。本当に行きた心地しなかったので。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/01/05/9021529/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局