新潟・白馬2018(84)2019年01月11日 06時18分08秒

お腹が空いて体が震えてきた。エネルギー切れ。こんな場所だがチョコレートを食べる。今一番必要なのは体力だから。12:30くらいだろうか。
空が写っているのはリュックを地面に置いたから。綺麗な空だ。あっちに行くようなことがなければよいのだが。

だいぶ下に雪渓を渡る人が見える。あれが本来の登山道。
いかに遠回りしていることか。
山並みもきれいなはずなんだけど、あまり下の方は見たくない。足がすくんでしまうから。

ここで大声を出して助けを求めたほうが良いのかもと思ってた。でも山岳救助隊なんぞ来てもらったら破産するんだろうなあと思うと、ケチ根性が思いとどまらせた(^_^;)

花が見えたので、休憩がてらカメラを取り出して写真を撮る。
ヒメクワガタだろうか。咲いていたのはこの一帯だけ。

ヨツバシオガマ。

中央は芹系の一種と、右手は別の花だけどイワイチョウかな?
正直このときは、「撮影したけど、これが見納めになるかもしれん」などとも思っていた。

GPSで見るとこのまま上に登るという手もありそうに見えるけど、現場で見るとかなり急な斜面だし、何しろ足場が悪いので上に登るのは難しそう。また登ったところでその先がどうなっているかわからない。とりあえず今は人がいる方向に少しでも近づくしかない。

再びカメラと杖をしまい込み進む。
(C)おたくら編集局