新潟・白馬2018(95)2019年01月22日 06時08分20秒

ということで、自然園まで帰り着いたが、先に書いたとおり1時間勘違いしていたのでまだホテルに帰るには早い。また、予想より足腰への疲労も少ないので、自然園を回ることにした。時間的に展望所までは行けないから、浮島湿原までを目標とする。
周りの山々の稜線がとても良く見える。何度もここに来て入るが、ここまではっきり見えるのはそう多くはない。

遠くには雪渓も見える。今年(2017~2018年)は雪が多かったのだろう。新潟でも5月の米山に雪が残っていたくらいだから。

ここで一眼レフの電池が切れた。

入ってすぐの川にはイワナが居る。
わかるかな?偏光フィルタでもあればはっきり写ったのだろうが。カメラバッグに入れてたんだけど、ここには持ってこなかった。残念。

この季節の栂池自然園を代表する花、トリカブト。
本にはミヤマトリカブトとあるが、現地で買った写真ではヤチトリカブトと書いてある。どっちだ?

普通この花は下を向いているため殆ど中は見えないが、見えるものがあった。
中はこんなふうになってたのか。始めて見た気がする。

雪渓アップ。というか、本当は横に見えている花と一緒に「花と雪渓」というような感じで撮りたかったのだけど、切れちゃった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/01/20/9026990/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局