新潟・白馬2018(97)2019年01月24日 06時15分29秒

タケシマラン。
タケシマランとオオバタケシマランというのがあって、実の色や形はほとんど一緒なのだけど、葉の根っこから出ているのが無印、葉っぱの途中から出ているのがオオバという区別をする。

かじられた水芭蕉の実。先にも書いたとおり、この時期この実はこうなっていることのほうが多い。
こういう子が食べているのだ。
これは2006年に撮影したもの。早いものでこれからもう10年以上、その後は会えていない。

イワショウブ。

イワショウブは開くと白だけど蕾の頃は赤い。

コガネイチゴ。

モミジカラマツ。

アラシグサ。初めて見たかも。
実は下に虫が隠れてる。今気がついた。

(C)おたくら編集局