沖縄旅行(17)2019年04月06日 07時48分13秒

さて今帰仁村城。石垣は残っているが、建屋は残っていない。それもそのはず、本州では関が原より前に廃城になっているようなので。
石の積み方も本土の城とはぜんぜん違う。いや、古い城での積み方には似てるのか。でも作りは曲線が多くなんか芸術的。
近くにいた観光案内の人が五木寛之さんがえらくここを気に入って・・・という話をされていた。五木寛之じゃなかったかも。行ってから半年近くも経ったらもう忘れてる。

多分建屋跡。

祠もある。廃城後も地元の人によって守ってこられたようだ。
ここに来れたことを感謝し、お参りする。

そういえば、ここでもあの蝉の鳴き声がたくさん聞こえた。なんかここで聞こえると神秘的な感じがする。

外側から眺める。山の斜面も使っているので結構高い。
下まで降りきってしまうと登るのが大変なので引き返す。腰の調子が良ければ一気に降りても良かったんだけど今日は無理。

ということで一応端から端まで見たので引き返す。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/04/01/9054175/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局