沖縄旅行(30)2019年05月07日 23時43分35秒

ここでドローンを飛ばす。もちろんここでも許可は得てある(うるま市)。
まずは沖に飛ばして振り返り全景。
幅広い写真を縮小してあるので見にくいけど、中央やや左手が降りてきた場所。

アップにするとここが降りてきた階段で、下に小さな小屋のようなものがあるけど、そこが聖地なのかもしれない。その割にはゴミが放置してあったりできれいではないのだけど。

真ん前にはテトラポットが何重にも積まれており、海へは出られない。
釣りをしている人がいたけど、釣れるのかな?

右手には浜が見え、その先にはコテージというものだろうか、何軒も並んでいる。

沖に見えているのは多分本島。さっき海中道路から見えてた何かの建物の塔だと思う。

海は濃いエメラルドグリーン。多分サンゴ礁だよね。それともただの岩?
曇ってきてて光的にはあまりきれいでなかったのは残念。まあ、そもそもそれほどきれい!という場所ではなかったけどね。

今回のドローン撮影はここで終わり。一番きれいだったのは間違いなく瀬底島。そこで飛ばせただけでも持って行った甲斐はあったというもの。まあ、許可が得にくい場所もあるし行ってみなければわからないので、当たり外れはあるね。
動画演出としてはいまいちだけど静止画で見れば、ほぼぶっつけ本番の飛行だった割にはそこそこ撮影できているのはドローンの性能おおかげによる所が非常に大きい。

DJI社のMavic Airという機種だけど、とにかく飛行が安定している。流石に辺戸岬であったような強風だと流されるが、瀬底島、それにここもそれなりの風があったにもかかわらず動画は揺れてない。そのあたりは1万円前後のトイドローンとはぜんぜん違う。もし買おうと思っている人がいるなら、お勧め。

でも本当に飛ばす機会というか場所がないのよね。都会はほぼだめだから。次はしまなみ海道かな・・・ということでそれは実現させたのだけど、その話は「しまなみ海道2019」で。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/04/27/9065096/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局