鳥羽水環境保全センターの藤(前編)2019年04月28日 08時03分45秒

4/26~28、京都市南部にある鳥羽水環境保全センターで、毎年恒例の藤の一般公開があった。
今日の京都市内はとても寒くて、しまい込みかけていた冬の服を出して着込んでいった。日差しに当たるとそれなりに温かいが、とにかく風が強くてまた雲が多く日が陰ることも多かったので、出かけるにはちょっと不向きな日だったかもしれない。ここも、人では少なめな感じがした。

で、藤そのものだが、去年は一般公開のときにはもう終わりかけで残念だったのだが、今年は若干のばらつきはあるとはいえ、よく咲いていた。7部ほどだろうか。

見事。


池の畔にあるこの藤棚は白と白に近い藤色が混じっていて、満開を過ぎたところだった。

中に1本だけあるピンクの藤は5部咲きくらいか。まだつぼみもあった。

この白に近い藤色はさっきの棚にあったものだろうか。
奥に更に大きな藤棚があるので行ってみる。そちらはどうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/04/27/9065237/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局