沖縄旅行(34)2019年05月13日 06時15分00秒

次に向かうのはニライカナイ橋という所。簡単に書けばちょっと変わった形の橋があるらしい。斎場御嶽からは近い。

途中そこを通るのだけど、車で走っているとほとんどわからない。

結構な坂を登る。


途中にすれ違ったこの車。手を上げて撮影している。
友人がこれを見て「手放し運転してる!?」と言ったけど、動画で確認すると左ハンドルの外車で、助手席の人が撮影しているようだ。良かった。

このトンネルの上から橋が見えるようだ。そこへ向かう。
トンネル抜けて、坂を登りきったところでぐっと折れ曲がるとそこへ行くのだが、駐車場などはないので、路肩に停めるしかない。ただし、脇道があるのでそこで。

橋の全景。こういうふうに、橋というか、高い橋脚の道路がぐるっと回りながら坂を登っているという感じ。

右手奥に見えるのが、さっきの斎場御嶽前の土産物屋。

この見ている場所の回りは自衛隊の基地だ。ミサイル発射用の車体かと思うようなのも見える。
ドローンでも飛ばそうもんなら即刻撃ち落とされそう。

風力発電も見える。
止まっているのかと思ったら、わずかに動いているような。曇ってはいるが風はない。

次は沖縄でも最も有名な観光地へ向かう。ずいぶんと暗くなってきたが、まだ15:40。

沖縄旅行(35)2019年05月14日 06時39分18秒

次に向かったのは首里城。沖縄といえば誰でも知っている超有名観光地。時間は遅いけど外す訳にはいかない。幸い、首里城は遅くまで開いているようなので大丈夫だ。16:30。

城近くの駐車場に停める。行く前に、その近くにあったこの店でアイスを食べる。沖縄で有名らしい「ブルーシールあいすくりーむ」。
時間が後先だけど、この店。

いろんな種類、というか色がある。
これだけあるとどれにしようかまよう。が、色で「ブルーウエーブ」というのした。

先客がいたのでちょっと待ってたらおまけしてくれた。
紅芋かな。
近くに居たシーサーの前で記念撮影。

美味しいと思うよ。でももう少し暑いときに食べたかったかな。

食べ終わってから首里城に向かう。

沖縄旅行(36)2019年05月15日 05時49分42秒

で地図。

入ってきたのは左中央ちょっと上の円覚寺跡みたい。16:42。
このときにはまだ地図は持ってなかったので、周りを見回して城らしい方向に向かう。

猫がいる。人懐っこいって言うこともないけど逃げはしない。

あちらにはなんか変わった色の鴨がいる。鴨だよね?
悠々と歩いて坂を登っていく。

遠くに見えるのは歓会門というところかな。
向かうはあちら。

弁財天堂。
修学旅行生らしき子達も居る。こんな暗い時間なのにね。

門に近づく。

城壁はほぼ垂直。
本州の城で言えば、垂直なのは古いタイプの石垣。時代を経ると緩い角度から垂直に近くなっていく。ここも古いのか、それとも沖縄にはその形式は伝わらなかったのか。

これは下の門のちょっと手前にあった大きな木。
アカギの木というらしい。戦前までは1mもの大きな枝を城壁まで伸ばしていたが、戦争で焼かれてしまい、幹もその後の台風で折れたけどその後アコウという植物が寄生して昔の姿に近づいたらしい。たしかに大きい。

瑞泉門かな?

途中にあったこれ、御嶽石門というらしい。さっきの「斎場御嶽」の読み方から分かる通り、「うたきもん」。
世界文化遺産。
ということは戦争を生き抜いて残ったということかな。

沖縄旅行(37)2019年05月16日 06時15分27秒

これは守礼門。
2000円札の文様だね。あんまり見たことないから記憶は薄いけど。ちなみにこれも再建もの。

脇では発掘やってる。
京都に住んでると発掘現場はなんぼでも見られるけど、なんかすごいもん見つ見つからないかな、といつもワクワクする。

歓会門。

瑞泉門。
なんかどこにいるのかわからん。

龍樋(りゅうひ)。
ここって、ブラタモリ#32で出てたところだ。首里城は丘の上にあるのに水源たるこれがある。この辺りに地層の境界があってここに水が出るのだそうな。詳しくはブラタモリ見てね。

漏刻門。
漏刻というのは昔の時計のこと。水時計かな。

その先から沖縄の町中が一望できる。
確か遠くにモノレールも見えたような。

沖縄旅行(38)2019年05月17日 06時10分10秒

奉神門。

その内側。

正殿。
正面の広場は御庭。ここでは写真を撮ってくれる人が居る。ここ首里城ではボランティアの人?が案内とかいろいろしてくれるみたい。

ここまでは無料なのだけど、正殿は有料820円。
ちょっと高い気もするけど、滅多に来られないところだから良いか。17:10。

右手の建物。ここから入って正面に向かうみたい。南殿。

これは左手。北殿。

建物内は基本的に撮影禁止なので写真はないのだけど、ここだけは撮影可能。王様の椅子かな。
やっぱり本州の城とは違うね。
内部の展示は沖縄が独自の王朝で紡がれてきたのがよく分かる。世襲制王朝じゃないのね。本土とは違う特徴がたくさんある。「違うものを認め共存する」のが今の世界には必要。

マーマレード2019(前編)2019年05月19日 10時11分44秒

今年もマーマーレードを作る季節がやってきた。というか、しまなみ海道で買ってきた柑橘類を使ってマーマレードを作るのは毎年恒例の行事になった。

今年は特に4キロもいろいろ送ってもらったので多くて、どれを使うのか迷ったけど、冷蔵庫に入りきらないこれをつかうことにした。
甘夏。

ということで、ほぼ甘夏だけで皮700g、身900gもある。甘夏は種も多いのでこんなになった。
上にちょっと見えているのは・・・なんだっけ。入れてない。

皮は剥いて、裏の白い所をスプーンでできるだけこそげ取る。身は皮を向いて出す。種はとろみを出すために使うので、分けて袋に入れる。でも先に書いておくと、「種を使え」と書いてあるのを見て作ったのだけど、種から出るとろみはものすごく苦いので、苦味が嫌いな人は入れないほうが良いと思う。

まず皮だけを圧力鍋にかけて柔らかくする。それを取り出して水を変えて再度入れる。苦味が出てるから。苦味が嫌な人はここで何度も煮て苦味を抜いたほうが良いのかも。それを全部鍋に入れる。

砂糖は皮+身の重量の80%。こんな量になる。
ここで重量を測るのを煮た後の皮の重量を使うのか前に測るのかで迷う。今回は煮る前の重量で作ったけど、煮ると水吸って倍ほど重くなるから足りないかも。

まず10分煮てアクを取り、10分*3で砂糖を1/3ずつ入れていく。中火。
その間蓋をしないで煮詰める。蓋してると後にで煮詰めるのに時間がかかってしまう。ただ気をつけるべきは、砂糖は高温時には柔らかいので高温時の粘度で煮詰まり加減を測ると固くなりすぎる。柔らかいくらいで十分。

別途瓶も煮沸洗浄しておく。
水から沸騰まで温度を上げろと書いてある物が多いと思うけど、瓶詰めに使われている瓶は高温なものを入れるまたは高温殺菌に耐えられるように作られているので沸騰しているところに入れても大丈夫だと思う。少なくともうちでは割れたことはない。

でも、これとマーマレードの炊きあがりを合わせるの面倒なんよね。だから、煮沸じゃなくてアルコール消毒でも良いんじゃないかと思う。実際やってみると楽だし、保存の面でも問題になったことはない。アルコールが高いので数が多いときはあまり出来ないけど。

で、完成した分量がこれ。
17瓶にもなった。
最初は少なかった入れ物の瓶も増えたなぁ。瓶物買うたびに取っておいたから。

逆さまにしているのは暑いマーマレードで蓋を消毒するため。一応煮沸洗浄はしてあるけどね。

若干手抜きで作っても約5時間位かかったか。ほとんど立ちっぱなしなので体力&気力勝負。

マーマレード2019(後編)2019年05月20日 06時00分00秒

で、今年の分では作ったのだけど、実は冷凍庫の中には去年食べきれなかった柑橘類が結構残っていた。なので、勢いでそれを使っても作ることにした。前編の翌朝のこと。

冷凍した柑橘類は皮が柔らかくなっているので圧力鍋で煮る必要はない、かもしれない。苦味を抜くために煮るのは必要と思うけど。

分量はこんなになった。傷んでいる皮が多かったのでよけたら、皮は400g程度だったが身は1100gもあった。色んな種類。

昨日と同じように皮を圧力鍋にかけ、水を換えてから身も入れて煮る。
以下略。

出来たのはこの量。16瓶+瓶が足りなくなって別容器にも。
昨日のと合わせて、こんなにあったら1年どころか2年保ちそう。

今日は4時間で完成。今日のは身の皮を剥けないものが多かったのでハサミで切り倒したし、皮が少なくて裏のこそげ取りも少なかったのでちょっと早くなった。

本当はさらに、これも去年の冷凍もののユスラウメもジャムを作りたかったのだけどもう瓶がないので出来なかった。また瓶物を集めなきゃ。今回作ったジャムを食べた後に。ユスラウメは一瓶分もあるかないかくらいしかないし。

実はまだ今年分の甘夏他はたくさん残っている。生食もするけど食べきれなかったらまた冷凍するか、他の料理方法を研究するか。マーマレードのパンに付ける以外の食べ方も考えよう。肉ソースとかパスタソースとかに出来ないかなぁ。

沖縄旅行(39)2019年05月21日 06時10分50秒

一回りして、最後に土産物コーナーがある。
特に欲しいものはなかったのでパス。

外に出るともう大分暗くなっていた。

夜にはライトアップされるようだ。

これはこれできれい。


カメラで暗さを見た目と同じように再現するのは難しい。シャッタースピード優先にして何度も取り直してそれらしく写った物を採用する。この辺りはデジカメの面目躍如という感じ。上の写真で1/25秒位かな。

18時。首里城を後にして夕食の場所に向かう。今夜のホテルは夕食がないので済ませていく必要があるのだ。

沖縄旅行(40)2019年05月22日 06時05分03秒

さて夕食。
店までは決めてないが、場所は決めてある。国際通りというところだ。
しかしそこまで車では行かない。沖縄唯一の鉄道、「ゆいレール」にも乗ってみたい。首里城にも駅があるのだけど、今晩泊るホテルの位置を考えるとここまでも戻ってくるのはちょっと無駄がある。そこで
どこかの近くまで車で行き、その先乗ることにした。

選んだのはこの駅。


モノレール。2両編成で短い。
結構混んでいる。道路もえらく混んでたが、こちらも混んでいると言うことは、やはり那覇中心街の人口密度は高いと言うことか。編成が短いと言うこともあろうけど。

ホームドアも付いている。設計が新しいと言うことか。
同じモノレールでも大阪モノレールには付いてないからね(今は一部駅につけられてるけど)。

大阪モノレールは町中を走らないので光景がだいぶ違う。

車内の写真は撮影できなかったけど、何か一番前の椅子のところのに段差があったような。そういえば大阪モノレールもそうだったか。モノレール固有の構造?
乗り心地は普通?モノレール独特の揺れは多い。それでも大阪モノレールよりましに感じるのは車両が小型で編成も短いからだろう。

降りたのはこの駅。国際通りの最寄り駅だ。

実はこのモノレール、切符が変わってる。磁気カードではなくQRコードなのだ。なので改札に「通す」のではなく「かざす」。
ということは切符側に情報を記録することは出来ないので、改札機からコンピューターに接続して乗降情報を記録していることになる。新しい鉄道の形なのだろうか。全国初なのだそうな。

だから、改札機を見ると券を入れる部分がまったくない。
国際通り最寄り駅のはずなのにガラガラ。

ゆいれーるは現在延伸工事をしている。予定では今年春完成だったが、夏以降にずれ込んでいるらしい。次回行くときには延びた部分も含め、全線乗ってみたい。
が、那覇空港からレンタカー屋が連なる場所までの間には使えない。これはレンタカー屋が沿線沿いではないため。空港からちょっと離れてても沿線にあれば便利だと思うのだけど。

牧志駅を降りたらそこは国際通り・・・なんだけど、ちょっと方向がわかりにくい。
多分こっち。

沖縄旅行(41)2019年05月23日 06時05分33秒

国際通りに到着したのは19時。

モノレールで牧志駅から旭橋駅までの間、約1キロの間ズラッと土産物屋とか食事の店が並んでいるようだ。

とにかく人が多い。中華系の人も数多い、というか半分くらいはそうなのでは?あまりの人の多さにちょっと気分が悪くなった。日頃人混みには行かないので。
通りの写真は全く撮ってなかった。歩きなのでアクションカメラも無し。まあ、人混み写してもしょうがないけど、1枚位、混在具合を記録しておけばよかったか。

今日の夕食は国際通りでステーキ、というのは決めてあったが、店までは決めてない。そこは行き当たりばったりで。ステーキ屋だけでもたくさんある。
ステーキ屋でもたくさんあって目移りする。

安いところもある、というか、本州に比べみんな安い。

ステーキや以外ではこんな店もあった。
おいしそうだったけど、肉を食べる前なので我慢。

とにかくいろんな店がある。土産物屋もいろいろ。

塩関係の店も結構あった。

あのカルビーの、アンテナショップというやつかな。
土産物を買う相手も居ないし、自分には食べ物以外はほぼいらないので何も買わなかった。

食べる店は決めてなかったけど、国際通りから脇にそれたところにある公設市場内に良さげな店があったので向かう。

が、市場通りはメインストリートに比べるまでもなく人が少ない、じゃなくて居ない。
やはり市場通りは朝が中心か。

市場も見つけたけど当然閉まっていた。19:25。
周りの店も閉まってる。これではここでの食事は無理なので、メインストリートに戻る。
(C)おたくら編集局