出町おすすめスポット散策ツアー(3)2019年06月10日 05時52分41秒

一行は御苑に入る。御苑の東側を下る。
まずは母と子の森。迎賓館の北に隣接している。
ここは良い休憩場所。今の時期にはここでじっくりしているととても気持ちいい。真夏には蚊が多くて大変かもしれないけど。

何か居ないかとふと上を見ると2本の木が結び合っていた。松のほうが途中で曲がっている。根本で絡み合っている木は時々見かける(大概は縁結びの象徴になっている)けど、このように上で交わるのは非常に珍しいと思う。隠れ縁結びの場所ということで。私にはいい縁があるのだろうか。

これはその南にある染殿井。
京都御所三名水;醒ヶ井(さめがい)・懸井(あがたい)・染殿井の1つ。御所三名水はもう全て枯れているが、井;御苑中立売御門北にある;とここは一応井戸の囲いが作られている。醒ヶ井は石碑だけがあるそうなだけど、場所は知らない。なお、祐井(さちのい)というものが京都御苑ほぼ中央北端にある。

また移動して梨木神社。
梨木神社内には「染井の水」という井戸がある。京都三名水の一つで、現存する唯一のもの。先の「染殿井」と水源は同じと言われる。時々汲みに来ている人が居る。無料だけど、節度は守るように。私は実は飲んだことがない。このときも飲めなかった。
その真ん前にあるのがこの木。葉っぱがハート型になるものがあり「ハートの木」と言われるのだそうな。

また移動して今度は廬山寺へ。一般に「ろざんじ」と呼ぶが、お寺には「ろさんじ」と書いてる。紫式部が源氏物語を書いたと言われる場所だ。

ここは庭;「源氏の庭」が有名。普段は庭拝観は有料なのだけど、このツアーでは無料にしてもらってた。いろいろとお得なツアー。
配置は雲をかたどっているそうな。庭は撮影可能だけど、後ろ側;建屋側は禁止。

6月から9月にかけては桔梗が咲く。前に一度見たことがあるが、今は咲いてない。
ここは天皇家とも縁がある。一番左に見える建屋には歴代天皇の位牌があるのだそうな。
ここでお寺の人にいろいろと話を聞かせてもらった。良いツアーである。

建屋前にて。
廬山寺は庭の奥に墓地があり、そこに天皇の御陵もあるし、更に奥には御土居の一部が残っていたりする。言われないとわからないほどの土手だけどね。こちらはそこには今回行かなかった。

一行はさらに次の場所に向かう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2019)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/06/08/9082831/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局