しまなみ2019(19)2019年07月07日 08時10分27秒

岩城港からの海。この辺りは海が青い。碧いと書くべきか。
海が青いのは当たり前?そんなことはない。椎谷辺りの海は黒いし、沖縄はもっと水色に近い。透明度の違いでもなく、なにかの違いで色に違いが出る。水面下の形状というか岩の具合かなぁ。

島を東廻りで小漕港へ向かう。去年は行きも帰りも西廻りした。それは西のほうが距離はあるが坂が少なく楽だからだ。東は最初こそ平坦だが、進むに連れて急な坂になる。しかし今年は電動自転車だからそんなこと気にしない。気になるのはバッテリーの残り量だけだ。

途中、木蓮が咲いてた。紫に近い木蓮。
京都では桜より前に咲いてとうに散っている。ここいらは少し遅いのか。

小漕港に到着。14:14。
実は小漕港に着く手前ちょっとは道がわかりにくい。なんか工場のど真ん中のような所通る。もっと内陸に最短コースが有るようだが、この道でも大丈夫だった。
これで岩城島は完全に1周したことになる。実はしまなみ海道の中で完全1周した島はここが初めて。とびしま海道では豊島を、図らずも一周したけどね。あっ、岩城島もしまなみ海道じゃないか。

この時間帯は1時間に2本しかない。暫く待つ。

船到着。

今度はのんびりせず、外の風景で確認しながら待つ。
帰りのフェリーは切符なし。じゃなくて、行きに往復券買ってあるから購入不要。同じ集金の人だったので、覚えてくれていたようで顔パスだった。この時期は人が少ないからね。

生口島に着いたら、今度は南回りで瀬戸田に戻る。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/07/06/9112015/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局