しまなみ2019(26)2019年07月14日 07時35分56秒

行きに下った橋直前の坂を今度は登る。
やっぱりきつい。でも電動パワーで登ってもらう。ここが最後の踏ん張りどころ。後は下りと平地しかないから。

やっぱり橋脚低く感じるなぁ。

そして16:30前に観光案内所到着。
テープでぐるぐる巻きにしていたアクションカメラホルダーを外す。ハンドルに粘着部が残っているのできれいに拭き取る。
結局朝からのこの時間まで、それなりの距離としまなみ海道にしては結構な高低差を走ったけど疲れはそれほど強くはない。電動自転車の実力を思い知った気がする。

さて、この後。
ここで自転車をクロスバイクに乗り換える。ベルトドライブとチェーンドライブがあるけど、去年ベルトドライブでギアが抜けてどえらく苦労したので、今年はチェーンの方で。人が少ないというか私だけなので試し乗りからシートの高さ調整までいろいろやらせてくれた。感謝。その間いろいろ話をしていたけど、閑散期に行くメリットはこういうところにもある。

クロスバイクの方もアクションカメラはテープで固定する。が、さっきは付けていた紐がが外すときに切ってしまったので固定が弱い。走り出すとすぐに傾いてしまう。まあ、今日はこの後宿まで走るだけなのでそれほど距離はないが、画角がぶれまくる可能性がある。

それよりももっと大きな問題があった。それは荷物が溢れているということ。電動自転車には前かごがあったのでそこに買ったお土産を入れていたが、クロスバイクには前カゴはもちろん荷台もないの溢れたものは手提げかばんに入れてハンドルのところに引っ掛けて行くしかない。
これがまた量が多くかつそこそこ重いのでバランスが大きく崩れる。
ゆっくり走らないとかなり危ない。

ということで、途中何度もボジション調整をしながらゆっくり走る。

生口島、さっき走った道を再び南下して多々羅大橋に向かう。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/07/13/9127938/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局