しまなみ2019(33)2019年07月21日 07時47分50秒

煮付けはこれ。
焼き魚と刺し身は家でも自分で焼いたり買ったりして食べられるけど、煮付けはなかなかできない。だから、非常にありがたい。

そしてこれ。オコゼの唐揚げ。

オコゼは顔はいかついけど天ぷらにするととても美味しい。
去年も書いたけど、オコゼの天ぷらって実はとても高い。店にも依るだろうけどこれだけで5000円くらいすることもあるそうな。

硬い頭部以外は骨まで食べられる。
1時間近くかけて殆どの魚を骨までしゃぶり尽くした。猫もまたぐほど見事な食べっぷり、とはよく言われる。

魚はもちろん地物で本当に美味しい。1年の魚不足を一気に解消できる・・・とは行かないけど、少なくとも魚好きにはたまらん魚フルコース。ごちそうさま。合掌。

後は明日の準備をして寝るだけ。

そうそう、お土産に関しては、ここから小荷物で配送してもらうことにした。もらった箱で、お土産の他に今日着てたものも入りそうだったのでそれも。また明日お土産買うからリュックの中も余裕はもたせておく。

で、リュックの中を整理していたら、なんとアクションカメラの固定ネジが出てきた!ネジは緩めてたからリュックの中で外れてたのだ。
これで明日はがっちり固定して撮影できる。もう少し早く気がついてればなぁ。まあ、無くしたんじゃなくて良かった。

α6000の電池が心もとない。予備も含めて2本の電池持ってきてて2日くらい十分行けるだろうと思ってけど全然足りない。充電器も持ってきてない。α6000の最大の欠点は電池の保ちが非常に悪いこと。
しかし、本体に入れてUSB経由で充電できる。でもUSBケーブルはGPSの充電に使っている。夜間はGPSの充電に充てて、明日の朝の時間出来るだけを使って充電するしかなさそう。どこまで充電出来るかわからないけど。

ちゅうことで、充電しまくりながら寝る。
まだ22時にもなってないけど疲れてて寝られそう。おやすみなさい。

プログラムとはなんぞや(序章)2019年07月21日 13時06分57秒

何でも小学校でプログラミングが教えられるようになるらしい。

何でも人材が足りないから小さいときから仕込んでおこうということらしいけど、実際の所、そういう事を職業にしている人間から見ると、本当に人が足りていないのかどうかはわかりにくい。なぜなら、確かに私のやっているiPhone向けアプリの開発者はなかなか出てこない。でも、客は経費削減からそもそも開発人員を切り詰めようとしてくるから必要数が増えない。だからわかりにくいのだけど、少なくとも代わりになる人間が居ないので私がやっていけてるということも多少あるとは思う。

いきなり脱線したけど、そんな市場状況はどうでも良くて、プログラムを組むということ、そういう思考ができるということはとても大切なことだと思う。なので、それを子供の頃から叩き込んでおくことは、単にプログラムを作れるということだけでなく、物頃を理路整然と話できる能力が身につくという意味で、非常に重要なのだ。

それが出来ると、感情だけで暴走する連中が減るのではないかと思う。韓国のアホ大統領なんて全く論理思考がないし、京都アニメーションを襲ったキチガイもそうだ。

また脱線。

プログラミングを理解する上で、いちばん大切なこと。
プログラムを作れるということは、決してプログラム言語を覚えることではない。それは、仮に英語なり日本語なりのすべての単語と文法を覚えても文章が書けないのと同じ。

そこんところを勘違いしてて、他業種にいた人が、なんか今プログラマーが人手不足らしいからちょっと本を読んでやってみよう、と来る人もいるのだけど、はっきり行って全く使い物にならない。

プログラムを組む;もっと正確に言えばプログラムを設計できるということは、「ある目的を達成するために、必要手順を論理的に組み上げていく」ことである。

それは1冊の小説を書くのにも似ている。だからプログラムは理系よりむしろ文系の方が向いていると思う。

・・・

最初なんで、まずはわかりやすい喩えから。

例えば、大阪から京都に行くのを目的とする。じゃあそのためにはどういう道筋をたどるべきか。

殆どの場合、ここに1つまたは複数の条件が加わる。
例えば第1条件を「鉄道を使って」として、第2は「最速で」とか「最安で」とかだ。「最安で最長で」というのもありかもしれない。

例えば最速なら新幹線、最安なら阪急だろうか。
それをプログラム風に書くとこうなる

大阪 
 ↓
if (最速) { [新幹線] }
else
if (最安) { [阪急] }
 ↓
京都

if ()はその条件、{}内はその条件が成り立ったときにすること、[]内は存在するものを使うと考えてほしい。
elseは2つ以上の条件が同時には成り立たないという印だ。

こういうふうに目的と解決手段を考えるのがプログラミングの基本である。

しかし、実際にはもっと細かく考える必要がある。
「京都」「大阪」とは書いたが、それを細かく設定すると変わってくる。
例えばこうだ。今度は新幹線を除いておこう。

switch (京都)
case 京都御所
 if (最安) { [阪急] }
else
if (最速) { [JR]}
[京都市営地下鉄]

case 四条烏丸
 [阪急]
// [JR」[京都市営地下鉄]と比較すること

case 出町柳
[京阪」

switchはその詳細がいくつかに分かれるときを示し、caseはそれぞれの場所と考えてほしい。//より後はコメントだ。注意すべきこととかを書いておく。

異常事態への対処もプログラミングの重要な要素だ。
例えば途中で列車が止められた時、回避策はどうすべきか。

if (JR止まる) {
if (高槻より大阪寄り) {
  大阪に戻って阪急に乗る
} else {
// 高槻より京都寄りである
  高槻に戻って阪急に乗る
}
}

などなど、プログラミングをするということは、どんどん細かいところまで考えていって、最終的に誰がそれを読んでも出発地から目的地まで行けるような手順書を作ることなのである。

それでも、昔に比べれば最近のプログラム環境は非常に良くなっている。さっきの例で言うなら、今はもう新幹線や阪急はあるものとして考えれば良い。昔は、その交通手段、さらにはそのレール、走る車両まで全部一から作らなければならなかった。いやまあ、その分行ける距離も短かったと言えるけど。すべてを一から作るのは面白いし、すべてを理解できるのは喜びなんだけど、とても大変だ。あるものを使うというのは、どうしても冗長になるので遅くなったりするのだけど、今はもうそれらは環境を取り替えることでなんとかする時代になった。
PCの速度にどんどん早くなったのはそのせいだ。プログラミングは楽になったけどその分譲調整の為遅くなるから、それはマシン側で補おうと。昔のプログラムでは最適化や高速化というのは必須課題だったんだけどね。

っちゅうことで、プログラミングとはなんぞやということの基本中の基本がわかってもらえただろうか。

もしこの記事に反響があるようならもっと深淵を書くかもしれない。

プログラムミングは、最初こそ思考の仕方を変える必要があるため苦労を伴うかもしれないが、一旦それが出来るようになればそれほど難しいことではない。


まあ、実際には言語だけで動くものはなにもないので、その環境とかについても知らなきゃいけないんだけど、それはずっと先の話。

言語を覚える前に思考方法を覚えよ。

しまなみ2019(34)2019年07月22日 06時12分00秒

ということで、GPSログ。長いので前後編で。

まずは全体。
しまなみ海道の中央に位置する3島、北から高根島、生口島、岩城島を走破している。

最初に尾道港から高速船で瀬戸田港まで。途中に因島の重井港と生口島は瀬戸田沢港に寄っている。

瀬戸田港から観光案内所までは歩く。
そこから生口島北岸から東岸を南下する。間違った港はこんな場所。こう見ると洲江港とは全然違う。洲江港から小漕港へは船で。

岩城島は小漕港からほぼ真っすぐ山を登る道へ入る。
そこから先はくねくね。

アップで見るとよく分かる。
展望台は366m。今日の最高地点。
下りはこの地点で別れて岩城港方面へ。去年はこれを小漕港まで戻って西(左側)周りで行ったのだから、いかに遠回りしたかがわかる。4倍位か。

高原さくら公園はこの位置。77mくらい。山頂から一気に下っている。
更に下って海抜0m近くの岩城港へ。昼食食べた「レモンハート」もここ。

そこから西側を通って北上。峠は44mくらい。

しまなみ2019(35)2019年07月23日 06時04分41秒

GPS後半。

生口島南から西岸を北上。
カカシのある場所は瀬戸田サンセットビーチのそば。観光案内所を過ぎて北上して高根島方向へ。

高根橋の上で高度24mくらい。

高根島は南回りから西岸を北上。二股のところまでは海岸沿いで平坦だけど、その後は峠越えになる。
崖崩れはここ、トンネルはこの場所。そこが島最高地点だけど63m位。

観光案内所で自転車を交換してから再び生口島西岸を南下、多々羅大橋へ。
書き忘れたけど、自転車は2台別料金だからね。電動は1日借り料+保証料で、返却で保証料も返ってくるけど、今度は2日借り料+保証料。クロスバイクは乗り捨てするから保証料は戻ってこない。ヘルメットは無料で借りられる。

多々羅しまなみ公園を経由して大三島中部へ。そこで峠越え。
峠と言っても、最高地点でも72m程しかない。でもとにかく長いので体力は必要+1日の最後だから大変だと。

峠を超えたら長い下り。折りきった場所に「大漁」。紺玉はそのまま真っすぐちょっと。
マーレグラッシア大三島は更に海岸まで突っ切って、そのまま南下したところにある。
その辺りのログがないのは、GPS持っていくの忘れたから。

ということで、距離は短そうで結構走り回った1日だった。
これで岩城島、生口島、高根島は(走れる場所は)1周制覇した。

ところで、今回もGPSは3台持って行ってたのだけど、内1台のログが取れなかった。HOLUX m-241。調べてみると、ロールオーバーという問題に引っかかってた。

GPSは今年4/7に日付の桁数があふれるロールオーバーという事象が起こっており、m-241はそれに対応してないため、ログが読めなくなったのだ。日付が狂っていてもログが読めれば良いのだけど、全く読めなくなるというのは大問題だと思う。
eTrex20ともう1台のロガーも241より古かったり同じ時期の機種なのに問題ない。m-241はもうメーカーもサポートしてないのでどうしようもない。加えて、読み出しには特殊なソフトが必要なので、手動で行うという手も使えない。ということで廃棄決定。時計と加速度計だけには使えるけどね。このメーカーが後継機を出しているかどうかわからないけど、1機種見ればその会社の設計方針はわかる。わかっている問題に対して対策していないのは、使えなくなったら買い換えさせろという思考であり、そういうメーカーは信用出来ない。安物の中国製製品の殆どがこの思考。加えてそれらには品質管理という概念がない。だから信用しない。
Garminはこんな声明を出しているさすが。

液晶表示など見た目上は正常動作しているので気がつくのが遅れ、帰ってきてログを取り出す段で気がついた。せめてエラー表示が出てれば。で、その後急遽新GPSを買ったのだけど、それもまたどえらい大失敗があり同じ機種を2台も買う羽目になった。そのあたりの話は次のネタで。

しまなみ2019(36)2019年07月24日 06時45分28秒

明けて19日。

疲れているのにあまり寝られなかった。枕が変わるとだめなんよね。
夜中鳴き続けている犬がいる。いつ寝るんだろう?昼間?

朝食は普通。
自分の家ではパン1枚だけなので、これでも十分多いけど、今日も走り回るのでエネルギー充填は必要。
ちなみに、この鮭の切り身は地物ではないらしい。

食べていると、ご主人がみかんジュースを持ってきて飲んでみろと。
美味しい。変な酸っぱさとか尖った部分がなく濃厚。
6本3000円だから安くもないが、ストレート100%もので、道の駅とかで売ってるのはもっと高いから、それを思えば安い。
工場と懇意にしていて工場直のを送ってくれるのだそうな。

更に女将さんが柑橘類をいくつか持ってきて食べさしてもらう。
なんか味が濃いと言うか果汁が多い。特に甘夏。甘夏なんて身がスカスカだと思ってたんだけど、ここのは非常に果汁分が多い。それと名前は忘れたけど、1個500円もするみかん。ひたすら甘い。他のとごっちゃになってしまってあれだったけど、こういうのもあるんだという感じ。
ということで、こちらも詰め合わせて送ってもらうことに。10キロ3000円のところ15キロ箱で。

なんでもこちらは元々はみかん農家だったそうな。だからその味にはうるさい。今でも1軒の農家と懇意にしていてそこのだけを送ってくれるのだとか。混じりっけなしなのでうまいと。

ともに送料は各1000円。

朝食を一体食べた後でみかん食べきれないので、袋に入れてもらって後で走っている途中で食べようと。
これが後で効いてくることになるが、それは後の話。

それにしても商売うまいなぁ。結局宿代が倍になった。
しかしこれで多々羅しまなみ公園で買う必要はなくなった。まあ、種類は減るだろうけど、味が一番。

今日は去年行けなかった伯方の塩大三島工場に行くため、出発は遅め。工場が9時からだが、先に大山祗神社にお参りに行くので8時半出発。

紺玉前景。8:25。

古い民宿だけど、お勧め。

昨日買った手袋を早速使う。う~ん。やっぱりしわができると痛くなるなぁ。でもそれは上新手袋でも同じ。要するに、別段良いというわけではない。逆に言うと、上新手袋が非常に良いということ。もらってよかった。まあ、しまなみ海道のお土産ということで。

まずは大山祗神社へ。8:36。

まだ朝早いので境内に人影はほとんどなし。
山門くぐって広い広場を奥に進むと本殿がある。

その直前にあるのがこの大きなクスノキ。
樹齢2600年。クスノキは、その名の通り薬の木で樟脳を含むから病害虫に強いのだろう。各地でクスノキがご神木になっているところは非常に多い。椎谷観音堂もそうだし、京阪萱島駅構内にある木(これは近くにある神社のご神木)もそうだ。

しまなみ2019(37)2019年07月25日 06時36分29秒

本殿。
ここまで無事に来れたことと、これからの旅程の無事を祈る。
この時間お参りの人は殆ど居ないが、神社の方は清掃されている。でも社務所は開いてないので、お守りとかは買えず。

境内に入るところの門は数年前に新しくされたようだ。
古く見せる処理をしてないので真新しく見える。ただ、木の水分が抜けている過程で出来たと思われるひびが所々に入っている。通常この手の木は伐採してから数年放置して乾燥させてから使うもんだと思ったのだが、急いだのか、ここは海辺で湿度が高めなのでこうなってしまうのか。

よく見ると山門も新しい。
「参拝者はほとんど居ない」と書いたが、自転車置き場には外人さんが居た。こんな早くになぁ。まあ、朝のほうが走りやすいけど。

今度は昨日行ったマーレグラッシア大三島の方向へ行く。伯方の塩大三島工場はその隣に立っているからだ。

お墓の横の土手には自生の藤が咲いている。
そういえば今年は京都御苑の藤を見損ねたなぁ。去年と時期がずれていたので。

昨日日が沈んだ後を撮影した海岸。
湾内なので、波が非常に穏やか。というか、波がない?
底が見える。きれいな色合いだ。

海を挟んで左手前方に温泉と工場が見える。
あそこまで行く。

しまなみ2019(38)2019年07月26日 07時48分59秒

工場到着。9時ちょうど位。

入口前には大きな盛り塩が置いてある。さすがは塩工場。いくらでも盛り放題。

工場内は撮影禁止なので写真は無し。
今日は平日(金曜日)なので工場は稼働している。そういえば、動いている所見るのは初めてかも。ショベルカーで積まれた塩を掘り返す作業とかがあるのだけど、こんな所で使われる車は数年でダメになるんじゃないだろうか、などと思った。電動だろうけど、電装系とか大丈夫なんだろうか。椎谷とか海沿いの場所の車はすぐ鉄板が錆びてくるのだけど(最近の車は昔ほとひどくはないけど)、ここの塩分はその非じゃないからね。ある意味塩分100%。

ロビーには流下式枝条架併用塩田の模型がある。
実物はこの裏手にあるから、あとで行く。

土産物屋でいくつか購入。本当は塩を買って帰ろうと思ってたんだけど、別にここで買わなくても近所で買っても同じものだし、何より、1キロなら1キロで正味の重さなのでこれから先の運転を考えると重量物は控えておきたい。ということで軽いものを。

小型の盛り塩セットが売られていたので買う。盛り道具とお皿と塩のセット。これも塩が500g入っているのでそこそこ重いけど、これは是非に。

ここに来た最大の目的はこれ。塩ソフト。
甘い中に時折感じる塩辛さが絶妙。300円だったかな。多めの朝食後すぐなのでお腹いっぱいなのが残念。とはいえ、夕方だと夕食に響くし、良い時間に来るのは難しい。塩コーヒーというのもあるんだけど、更に今は無理。いずれまた。
来訪帳があったので拙い絵を奉納(^_^;)写真写したけど省略ということで。

2階の展望所から。こんな朝早くでも来ている人は居る。お年寄りの小集団。
大型観光バスで来ることも多いような。大三島観光コースに組み入れられているのだろう。

海側を見る。
左側は行き止まり。右手奥がさっき海を挟んで写した場所。

ということで、今度は流下式枝条架併用塩田へ向かう。もう9時40分回ってる。稼働している工場をじっくり見てたからか。

2019祇園祭後祭宵山風景(1)2019年07月27日 07時26分05秒

今年も7/21~23と祇園祭後祭の宵山が行われた。
毎年書いているけど、私は祇園祭ではこの後祭の宵山が一番好き。それは、混雑していないし、店が軒先で売っているのは除き屋台は一切ないので(ここに屋台は似つかわしくない)祇園祭の本質を十分に堪能できるからだ。

ということで、今年はD7500とα6000の2台カメラを持って回ってみた。もう後祭の巡航も終わったけど、ちゃんと紹介しておこうと。

後祭は人が少ないということもあって、北行南行の方向制限もない。以前はあった気もするけど今年はなかった。なので北=御池からでも南=四条からでも回れるのだけど、空いているという意味ではやはり御池からの散策をおすすめする。うちから行くには自転車置き場の関係から御池一択なんだけど。

そうなると、一番目は役行者山か烏丸通にある鈴鹿山になるのだけど、自転車置き場の位置から、役行者山から回り始める。

去年は道路脇に置いてた自転車をパクられて返却料にどえらく取られたので、今年はちゃんと駐輪場に入れた。先に書いてしまうと、宵山を2時間近く回っても100円で済んだので、絶対に駐輪場に入れるべきである。

それはともかく役行者山。


宵山では前懸を始め飾りが展示されている。巡航時は重なり合ってはっきり見えないものもあるので、じっくり見たいならこの時。
もっとも、ここでも間近に寄れるわけではないのだが、それなりに見ることは出来る。きれいなものが多い。祇園祭が動く美術館と言われる所以だ。

私が役行者山が好きなのは、子どもたちが祇園歌を歌うこと。
「厄除けと安産のお守りはこれより出ます。常は出ません。今明晩限り。ご信心の御方様は立てておかえりなさいましょ。ろうそく一本献じられましょ、ろうそく一本どうですか」。その歌声が大好きで。祇園祭ここにありと思う。コンチキチンもいいけどね。

ちまきと、何故かここが一番安い「月間京都」という雑誌を買う。毎年7月号だけ買ってるなぁ。他の場所では770円なんだけど、ここだけなぜか700円で売っている。出版社の人でも居るのかもしれない。

外でも歌が聞こえていた。
が、何故か声が一段低い。録音してあるから聞けばはっきりわかるのだけど、言葉では説明が難しい。一オクターブ低い感じかな。

祇園祭では、各家が自前の宝を展示する「屏風祭」も行われる。これは黒主山前にある鯉の大垂れ幕。
黒主山が登竜門に縁があるからだろうと思う。「登竜門といえば鯉山じゃないの?」と思われるかもしれないけど、実はこちらもそうなのだ。
実は中に1匹だけ金色の鯉が居る。それを見つければ良いことがあるとかないとか。写真にも写っているけど、わかるかな。

ということで、次はその黒主山。

2019祇園祭後祭宵山風景(2)2019年07月28日 07時07分52秒

黒主山。


黒主山は展示と同時に説明もしてくれる。
30分くらいもあるか。立ちっぱなしは腰に悪いのだけど聞く。

西陣織の綴織の前懸け。左の色あせたのが300年前ので、右が平成になってから新調したもの。
今どきはもうこういう物を作れる職人さんも少ないのだそうな。つづれ織りというのは経糸の間に横糸を通していく技法だが、それ故に表から見ても裏から見てもほぼおなじに見える。で、百年以上の間、裏側で使っていたのを気が付かなかったんだそうな。新調時に初めてわかったと。すごいねぇ。
あと、上部中央に赤い丸があるけど、これは日輪。他の前掛にも必ず入っているらしい。

今年は桜を新調したと言ってた。紅しだれともう1種類忘れた。
上の山の写真にも写っている。

しかし、ここで長い間立ちっぱなしで居たため、腰がかなり危険な状態になった。いつギックリ行ってもおかしくないほど、というか何度もいけかけた。こういうときに限ってコルセットも持ってきてない。引き返すか、それとも気をつけながら回るか。一旦帰ったらもう出てくるのは不可能だろう。明日は平日だし(この日は日曜日)。腰に用心しながら回ることにする。

京都アニメーションの件2019年07月28日 18時05分18秒

京都アニメーションの事件は、あまりにショックでどう書けば良いのかと思ってたんだけど、やっぱり一言書いておかないと思って。

京都アニメーションを知ったのは「涼宮ハルヒの憂鬱」からだけどその作品の作りの丁寧さは素晴らしく、すぐにファンになった。その後の作品はほぼ全部見てるし、多くはメディアも買っている。


京都にあるアニメーション制作会社だし、その作品で自分がよく行く場所が舞台になっていることが多いというのも好きな一因。「たまこまーけっと」では出町商店街、「けいおん!」では鴨川の三角デルタや叡山電車、「無彩限のファントム・ワールド」では京都府庁旧本館、「響けユーフォニアム」では京阪が舞台に使われている。いつも行く場所やご近所が出ると余計に好きになる。


そんな中での今回の凶行はあまりにも理不尽で悲しすぎる。

火事を冷静に分析しておくと、ガソリンはその特性上常温で一気に気化し、爆発的に燃え広がる。それが車のエンジンに使われる特性だ。建屋の中という密閉空間では燃焼が進むと一酸化炭素が出来る。それは空気であるO2やCO2より軽いので上に行く。だから、上に逃げると一酸化炭素中毒で倒れてしまい、その後火で焼かれてしまうことになる。
今更だが、火事では口をふさいで実を低くする伏せるのが逃げるときの常道、というのは実は火災訓練で言われることである。
とはいえ、今回のように1階で火をつけられたときにそれを実行するのは不可能だったろうけど。

今回の件で日本はともかく、世界中から支援が寄せられているのには実は少々驚いた。日本では人気があるスタジオだけど、世界でももうこれだけ人気があったとは。誠実に作品を作れば世界に認められるという好例だ。だから余計に悲しい。


犯人を極刑に、というのは思うところであるし、そもそも放火は最高刑が非常に重い罪であるからそうなるだろうけど、犯人を処罰しても失われた作品資料はもちろん、それより人材は帰ってこない。人的資産はお金では補えない。

これからしばらく京都アニメーションは大変だと思うけど、なんとか立ち直ってほしい。

微力ながら寄付のようなことをさせてもらったが、みなさんも、何らかの形で支援してあげてほしい。
(C)おたくら編集局