しまなみ2019(49)2019年08月25日 08時16分36秒

今度はカメラで撮影。
生口島と多々羅大橋。
ドローンは2K撮影だったので、さすがにこちらのほうが解像度感が高い。MavicAIRが4K撮影できると知ったのは実はこの後なのだ。4K撮影するためにまた行くかなぁ、いずれ。

大三島橋。
その手前に見えている花は桜じゃなくてツツジじゃないかな?

展望台の周りにはお地蔵さんがたくさんいらっしゃる。

荷物を片付けている最中にアベックが来た。これもすぐ降りていった。みんなすぐ帰っていくのは桜目当てだからだろうか。それはそれできれいなんだろうけど、島々の風景も絶景だと思うのだけど。

自撮りもしてから自分も降りる。だいぶいたような気がする。離れがたい風景だったから。

見晴台にも行くかどうか悩む。
看板からすると大三島橋が見えそうだけど、上からも見えたし350mは結構遠く感じたので止めた。時間的にも厳しいし(とこのときは思ってた)。

これで開山を後にする。

コメント

_ しまなみ旅行を考えている者 ― 2019年08月25日 16時27分20秒

綺麗なお写真拝見しております。
広島・松山広島きっぷを使ってしまなみ海道を走ることを考えているものです。
ブログを拝見しますと割引きっぷを使って尾道で途中下車したり、今治から特急に途中乗車したりすることが可能なのですね。
JRのHPでは「途中下車した場合は前途無効」といったように記載されていたりしたため、全ての切符が使えなくなってしまったり、途中乗車しようとすると改札で止められてしまうのではないかと疑問に思っておりましたが、使えるようで安心いたしました。

貴重な情報発信ありがとうございます。

_ LeDA ― 2019年08月25日 22時11分01秒

いえ、勘違いなさっています。

途中下車はだめです。そこできっぷは回収されます。
「途中の駅で降りること」は「途中下車」ではありません。
途中の駅で降りて、以降の乗車の権利を放棄するなら問題ないです。鉄道用語での「途中下車」とは、きっぷの区間内において、そのきっぷを有効にしたまま一時的に下車することです。広島・松山きっぷでは途中下車は出来ません。
ただし、この切符は行き分;関西~広島分と帰り;松山~関西が分離しているため、それぞれで途中で下車または途中から乗車は可能なのです。

また、新幹線から在来線の乗り継ぎも途中下車には当たりません。なので私の場合、行きは広島まで行く「乗車券」で手前である尾道までは在来線でも行けますし、帰りは途中の駅である今治から乗車ができます。
途中で降りたらそれで行きの分の切符は回収されますし(以降使えない)、帰りは松山~今治間の乗車権利を放棄しているわけです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2019)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/08/24/9144848/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局