しまなみ2019(50)2019年08月26日 05時56分01秒

開山を後にして、今度は伯方島を1周する。先の地図で言えば、右回りすることになる。
どの様に山を降りればいいかを地図を見て調べたとき、実は登ってきた道が一番きつい道であったことに気がついた。最初に曲がったところを真っすぐ行ったらもっとゆるい道があったみたいだ。そして登ってきた道で降りていけばいいと。また来ることがあればその道で。

ということで、登ってきた道を下って、元の道に戻ってそのまま先に進む。伯方島は比較的低い峠越えが何箇所と後は海岸・川沿いの平坦な道が多い。

伯方島1周では、北側はじめのうちは多々羅大橋がよく見える。
その後海を左手に見ながら軽い峠越え。東岸でまた海に出る。

北側から東側に曲がる辺り。
えらく潮が引いている。

この先、長い真っ直ぐな川というか運河のようなところの走る。その先、東から南に入るところはまた峠越え。ちょっときつい。
ここでは地元の子供とちょっと競争してた。毎日こんな坂登ってたらいい訓練になるだろう。海沿いで空気もいいし。

その先に分かれ道があって迷ったが、GPSの地図で見て、坂の方を走る。他方の道でも最終的には行き着くことはできるみたいだが、ものすごく遠回りになるみたいだ。

まあはっきり書けば、北側から東側にはそれほど見るべき場所はない。

その先、何年か前に大島は宮窪から鵜島経由で船で渡った尾浦港近くを経由して(だから見覚えがあった)、船折瀬戸という所に向かう。その手前の坂もちょっときつい。

船折瀬戸。14:45。頂上出発が13:55くらいなので、50分かかっている。
ここは瀬戸内海の中でも指折りの急流の場所だろう。見るからに潮が速い。川だと言われても信じられるほど。動画で見るとさらによく分かるのだけど、ここにはアップできない。

そこを走る船もここは全力航行だ。エンジン音がひときわ高くなる。

こちらの船で動画も撮影してあるが、この辺りわずか100m位を航行するのに2分くらいかかっている。

ここには潮位の時刻表がある。
今日は4/19だからなんと大潮の日だ。表の見方はよくわからないけど、干満の差は実に340cmにもなるのか。本当!?

ここの流れもすごく速い。動画で上げたいなぁ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/08/24/9144851/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局