しまなみ2019(62);装備編(3)2019年09月07日 06時44分38秒

今度は新カメラ。何度も書いているようにSONYのミラーレス一眼;α6000だ。
すでに上位機種のα6400も出ているのにこちらを買ったのは、動画はそれほど必要ない(連続記録はHero7に任せるし)のでそれが強化された高い6400よりも、値段がこなれているこちらを選んだわけだ。ちょうどキャッシュバックもあったので、実質的に45000円ほどで買えた。(奇しくもこれを書いているときにαシリーズの新機種6600/6100が発表された。)

写りに関してはすでに何度も書いたが、Nikon D7500に比べて記憶色バリバリ。特に緑が強い。嫌な発色ではないが、ちょっと作り過ぎな気はする。解像度は高い。

D7500に比べて小型で軽量なことは、首から下げて長時間行動するしまなみ海道や登山では極めて重要。その意味ではこの機種は大正解。ニコンのD90以降の一眼レフはとにかく重いので、首がこるし、ストラップで首の後の皮が擦れて痛くなるのだが、それがほぼない。これだけでも買った価値はある。

優秀なのがオートフォーカス。標準レンズである限り、ほとんど外さないし、物体認識も正確だ。速度も十分速い。AF精度で言うならD7500より数段上にも感じる。多々羅大橋を写すときなんぞ、その支柱まで正確認識してたのには驚いた。D7500は認識できなかったのに。

ただし、「標準レンズである限り」と注意したように、他のレンズだとAF精度が極端に落ちることがある。後日SONY純正のマクロレンズ 「30mm F3.5 Macro SEL30M35」を買ったのだけど、白馬で花を近接撮影したらこれがまた100%AFが外れていた。一部ではない、全部ピンぼけ。だからこの但し書き。故障かもしれないけど。

最初の方で書いたが、背面液晶に加え電子ファインダーを持つが、炎天下ではファインダーは全く見えない。液晶を炎天下モードにする必要がある。

液晶は可動式なので高い位置及び低い位置でも撮影しやすい。これで低いところや高いところの花が撮影しやすかった。
この写真では上向きにしているが、下向きにも出来る。左右は振れないが、そんな撮影はしないので問題ない。D7500も液晶が可動だが、可動は便利。

全体的にはよく出来た機種だけど、これも書いたとおり、とにかく電池の保ちが悪い。私の撮影仕方では1本で1日中写すのは無理。予備電池が必須。電池+高速充電器「アクセサリーキット ACC-TRW C2」が売値で8000円ちょっとで売られているが高い。ほぼ必須の品なので安く提供してほしい。電池は小さいので予備の持ち運びは苦にならないけど、やはり持続時間はなんとかしてほしいなぁ。

ということで、買ったかいはあり、実はこの後D7500の出番が思いっきり減っている。はっきり言えば気に入っている。SONYに鞍替えしそう。まあ、SONYは耐久性が気になるけど。カメラは元ミノルタだから問題ない?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/08/30/9147374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局