2019京都紅葉(3);11/172019年11月18日 06時00分33秒

11/17後半。
拾翠亭。
屋敷手前の木は赤いけど、ここは周りに常緑樹の方が多かったっけ。

逆側の紅葉。
ここは色付くととてもきれいなのだけど、まだちょっと若い。

閑院宮邸跡北側の銀杏並び。
もう色付いているけど、もう少し濃くなると思う。

有名な蛤御門前。ここにもきれいに紅葉する木がある。
例年真っ赤になるけど今年は薄いような。まだこれからかもだけど。
余談で何度も書いている気がするけど、蛤御門に残るという鉄砲の銃弾跡、みんな下の方のくぼみを見てるけど、本物は上の方で手が届かないところらしい。下のは、みんなが触れるから掘れてしまったところ。気をつけよう。

おまけ。蛤御門前、烏丸通はさんで向かいにある護王神社さん。
ここには大銀杏が何本かあるけど、今はこれくらいの色づき。まだもう少し。来週辺りからが見頃かな?

もう1つ。御苑内処どころにあるこの実。
「むらさき」、正式名称は「紫式部」という。その名の通りきれいな赤紫の小さな実をたくさん付ける。今が見頃かな。今の時期の楽しみ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/11/17/9178020/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局