2019京都紅葉(21);12/82019年12月12日 06時26分12秒

川沿いはまだきれい。
何度も書くけど、色合いはαの盛りすぎなのでここまで赤くない。

セコイア系の木。茶色く紅葉している。
「紅葉」とは葉緑素の色が抜ける現象であって、読んで字のごとく紅くなるとは限らない。これがこの木の葉の地の色。

池の畔は台淵ってすっきりしてしまったが、光が入り落ち葉からの反射もあって、以前より明るい赤に見える。

隣の池も葉は大分減って、水面一面に歯が浮いている。

場所を探せば美しい紅葉がまだある。
植物園はそんな感じだった。
でも次の週末には大分寂しくなるんじゃないかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2019/12/11/9187905/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局