お盆新潟・白馬2019(78)2020年03月19日 06時40分45秒

もう一度山荘周辺を見る。
あまり良い写真がないのは私の飛行&撮影技術があまりにも未熟なせい。もっと引いて池全景を写すとかぐるっと1周するとかすればいいのに、やったのは定点360度撮影くらいであった。ちょっと焦りすぎた。1回15分という飛行時間もあるけど、それよりも(ぴー)で(ぴー)なのであまり人に見られたくないという心理が働いていたから。もう少し奥まった人から離れて飛ばせる場所だとか、2人以上で行って励ましてくれるとかがあれば冷静になれたんだろうけど。
今は腰を大きく痛めてしまい、もう二度と行けないかもしれない場所なのにこの撮影ではやりきれない。一期一会は人にだけ当てはまるものではない。もっと精進しないと。

右岸を見ると細い線が見える。
おそらくこれが登山道だろう。池の横斜面を行けギリギリまで迫って降りていくのがよく分かる。池までは行かなくてもその上から全景が見える場所まで行っておけばカメラでも撮影したものを、と思う。この後降りて栂池自然園で1時間の余裕があったから、その時間を使えばなんとかなったかもしれない。まあそれも今だから言えることだけど。

ドローンは帰路へ。上の方にも小さな池があるようだ。
そこに至る道はないようだけど。

山頂ケルンと私のいる場所が見えた。
中央がケルンでそのちょっと左手前が私の居る場所。

上空から。この二股の左の僅かに地面が見えている場所が着陸地点。
岩がないのはせいぜい50センチ四方くらいか。着陸は慎重に。

カメラを前に向けたらケルンが見えた。

後少し。

着陸。
うおっ、石が眼前にある。これくらいでもプロペラが当たれば大破する。荷物軽減のためにプロペラガードは外してるからなおのこと注意だったが、なんとかうまく行けた。
着陸はうまい?でも肝心の撮影技術がダメすぎ。精進あるのみ。次回の新潟で特訓しないと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2020/03/01/9219414/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局