ヌーラーニ(NOORANI)2020年04月23日 07時26分00秒

まず最初に書いておくと、このネタを書いたのは3月。それから桜ネタが思いの外連続したので出すのが遅くなった。なので、今開店しているかどうかは不明。

・・・

「等持院・(以下略)」駅を見に行った帰りにお昼をどこで食べようか散策しているときに見つけたのがここ。インド料理店「ヌーラーニ」。

お昼の定食は色々とあるみたい。名前を見てもわからない物もあるけど、まあ食べ物には違いないのでとりあえずAターリーというものを頼んでみる。

まず出てきたのはスープ。エビのスープらしい。
インド料理だから全部辛いのかと思ったけど、これは甘め。海老の味は余りしないかな。

あとはワンプレートで出てくる。カレー2種、サラダ、カレー風味に煮込んだ手羽先、ナンそれとメキシコ料理のトルティーアに似たようなもの。それと上からは見えないけど、ナンの下にご飯も少しある。
カレー2種は上左右にある小さなカップに入っているもの。左が野菜カレー、右はココナツカレー。前日に「等持院駅」を見に行く前にもカレー屋に行ったと書いたけど、あちらは日本の「カレー」で、こちらはインドの「カリー」。似て非なるものな気がする。カレーは日本人の好みに合わせた立派な日本食になったのだ。書く上ではどちらも「カレー」と書いちゃってるけど。

とう言えばナンをこれだけたくさん食べるのは初めてかもしれない。
最初こんな量で足りるの?と思ったけど、十分。というかペース配分違えて最後カレーが足りなかった。
ナンって、それだけでも結構味があってかつちょっと甘いのね。

こんな感じで載せて食べる。

サラダはちょっと独特の味がする香草が入っていたような気がするんだけど、種類はわからない。なんかの豆みたいなのも入ってた。

手羽先はカレーで煮込んだものだと思う。カレーと書いたけど、風味であって、上のカレーとはだいぶ味は違う。辛いけど。
一応スプーンはあるけど、絶対にそれだけでは食べ切れない。どうしても手を使う場面が多いので手拭きは必須。不織布のおしぼりはあるけど。食べ終わったらもう真っ赤。

最後はチャイ。濃いミルクティーといえば大体あってる。ただ、ミルクティーはお茹でに出したあとミルクを入れるけど、チャイはいきなり牛乳で煮る。だから味の濃度が違う。
料理が辛いから、これを飲むとホッとする。

最初出てきたものを見たときワンプレートなので足りる?と思ったけど、なかなかどうして十分すぎる量があった。今の私の胃ではもうはちきれんばかりだった。

ランチメニューは
だけど、店内にあるメニュー「本」には本当に多数のメニューが書いてあった。またいずれ来て色々試してみた。ここは一人で来るより友人と違うのを色々頼むのが良さそう。

そうそう、持ち帰り可。ただし、容器代は別。
禁煙。すばらしい。

ヌーラーニ本店。京都市北区大将軍川端町21ルミエール白梅1F
075-464-0589
姉妹店もいろいろな場所にあるみたい。

かなりおすすめ。いい店見つけた。ちょっと遠いのでそうしょっちゅうは来られないけどね。

・・・ウイルス災禍が収まったらぜひ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2020)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2020/03/22/9226909/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局