今は亡き鉄道(25)2020年09月07日 06時39分50秒

特急はつかり号。
1990年、多分青森駅にて。青森~上野間、いや、この時代はもう東北新幹線が盛岡まで来ていたので盛岡~青森、一部函館を走っていたか。
今は列車自体が存在しない。これも東北では歴史ある特急名だったんだけどなぁ。

打って変わってこちらは大糸線の列車。
3両で走っている。車両から見てひょっとすると急行かもしれない。3両目は普通車両だけど。年代は、遅くても昭和50年代のはず。今は3両編成の列車はないと思う。また、年代からして姫川の大氾濫で大糸線が掛け替えられる前だ。この橋も今は存在しないかもしれない。

飛騨金山駅で撮影された普通気動車。昭和40年後半。
看板の後ろになってしまい正面がはっきり見えないのが残念。これは祖父が撮影したもの。祖父母はよく旅行に行ってたようだが、写真はたくさん撮っているのに列車を撮影するという習慣がなかったので列車の写真はほとんどない。数少ない1枚。
この気動車車両は今はないと思う。

2005年、高岡駅で撮影した列車。
氷見線の列車かな。ぶりが見えるけど、実は忍者ハットリ君列車。今もあるらしい。「じゃあ、今は亡き」じゃないじゃん(^_^;)

(C)おたくら編集局