家系図2020年10月08日 07時23分02秒

今家系図を作っている。正確には、一度作り上げたがまた新しい資料が出てきたので増補修正中である。

普通の家系図というのは誰と誰が結婚して子供が出来てと言うようなのを線でつなぐだけだが、私の作っているのはそれ以外に誰がどの年代を生きたか、その人の写真付きで作っている。

親子・親戚関係がわかってもそれらの人が年代的にどれほど一緒に過ごしたかというのはこれを見なければわからない。子供が祖父母を知っているかなどがこれでわかる。

さて、家系図を作るのに絶対必要なのは戸籍謄本。自分のだけでなく、ご先祖の分までとれればなお良い。親戚のもあればいいが、昔と違って今は個人情報保護のため関係者以外はとりにくくなっているので難しいかもしれない。
これに加えて、過去帳もあればなお良い。戸籍が出来たのは明治以降なので、それ以前を知るにはこれが必須だ。過去帳は菩提寺に行けばあるはずだ。うちの菩提寺は少なくとも1700年代からは今の場所にあるので、うちのご先祖もそこまでたどることが出来た。
過去帳を使うときの注意は、過去帳では数え年で記載されること。戸籍は実年齢なので食い違いが出る。さらに、戸籍名と過去帳上の名前がなぜか違うこともある(戒名と俗名という意味ではない)。
うちの場合、さらに日付とともに写された人物写真があったのでそれも活用している。

昭和戦後以降の戸籍謄本は比較的読みやすいが、明治・大正の物は手書き手写しなので読みにくい上に旧漢字や今はほとんどないであろう家族制度が出てきたりするので、その読解はなかなかに難しい。

幸いにして、うちでは昔にとられた戸籍謄本が出てきたのでそれを使っている(明治年間の!)。たとえばこれ。
明治の戸籍謄本には身分が書かれている。ここでは「平民」と。少なくとも明治30年代までは書かれているようだ。さらに、「私生」という言葉も見える。正妻以外との間に出来、認知前の子供だ。「伯父」「養父母」というのも見られることがある。生まれが江戸時代でも、明治以降に生きていればこのように戸籍が作られている。
戸籍からは抹消されるのは今は結婚と死亡(相当)だけだが、昔は分家しても抹消された。また、出戻りすると前の続きではなく新規に戸籍に追記される。出戻りとは離婚して戻るだけでなく、分家解消というのもある。

今回作ってみて、まともな家系図を作る作業がいかに大変かがよくわかった。うちはまだ縁戚関係が簡単なのでなんとかなったが、お手欄のを少し見せてもらったらすごい人数で、これを書き上げるには1年くらいかかるんじゃないかと思われた。うちのこれですら第1版を書き上げるのに2ヶ月はかかったから。これから新資料を元に第2版の作成にかかるけど、また1ヶ月はかかろうかと。

家系図を作るのは意外に大変な作業だとわかった。一方で今回のことでやり方は大分わかったので、これを仕事にしようかなどと考えたりしている。需要があれば。
戸籍謄本と過去帳が入手可能で(個人情報保護条例のためこちらで入手出来ないので)、それが江戸・明治・大正・昭和戦前以前にもかかっていて(昭和戦後以降なら簡単)、家系図を作って欲しい方はお問い合わせを。量にも依りますけど、最低一ヶ月はかかるのでお値段もそれなりにさせていただきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2020/10/08/9303433/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局