2021京都紅葉(3)2021年11月24日 21時34分36秒

同じく23日の京都府立植物園の様子。
1週間前に言ったときは、まだちょっと早い感じだったけど、この日は色づきが大分進んでいた。

先週はまだ全然だったフウの木も大分赤くなってきた。

池の周りは先週から赤か炊けど、今週は一層進んでいた。
写したのはSONY α6000で、αは色を作りすぎる嫌いがある。実際、こんなに赤くない。ぱっとみきれいだけど、これはちょっと盛りすぎ。




川沿いも、先週は全く赤くなかったのに、今週はきれいに色づいてた。

植物園の中もk間が盛りと言っていいだろう。

植物園と言えば、知事がバックヤード潰して商業施設作るとか言ってるらしい。植物園にとってバックヤードは非常に重要。また、いったん壊された自然は容易には戻らない。一方で、商業の趨勢なんてあっという間に変わる。京都百年の計で考えれば、どちらが重要かは、少し考えればわかること。
計画を撤回できたら知事は優秀だと褒め称えてもいいが、強行するなら人気取りにしか興味がないような、学のない馬鹿野郎と後生にまで伝えよう。植物園北山門前では反対署名をやっているので、是非ご署名を。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年は西暦何年?(全角で2021)←更新しました

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otakura.asablo.jp/blog/2021/11/24/9442930/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

(C)おたくら編集局