2017新潟/白馬大作戦(8/17の12)2018年01月09日 06時19分03秒

ミヤマホツツジ。ホツツジかもしれない。見分けるポイントである雄しべが見えない。

ミソガワソウ。

楠川。遠くの山肌に滝が見える。

アップ。滝というか山肌を滑り落ちる川というか。
水量が例年より多く感じる。

ヨツバシオガマ。

オオバミゾホオズキ。
先に出したのは楠川じゃなかった。じゃあ、どこだろう?

ハクサンフウロ。

クルマユリ。このあたりのはまだ元気。やっぱり高度が少しでも上がると気温が違って生育状況が変わるのか。

エゾシオガマ。

モミジカラマツ。

ヒオウギアヤメ。

ゴゼンタチバナ。
花期は6~7月とあるので、花を見るのは初めてかも。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の11)2018年01月08日 07時28分10秒

タテヤマリンドウ。これは小さな花なので目立たないけど数は多かった。

イワイチョウ。

モウセンゴケ。
一度昆虫を食べているところを見てみたい。いや、なんか横の方で「食べている」のがあったようだけど、私は見られなかった。

ニッコウキスゲ。栂池高原を代表する花。
6~8月の花とあるけど、お盆の時期にはもう殆ど終わっているのが例年。でも今年は多かった。
最盛期はもっと多いのだろうけど。一度7月末くらいに来てみたいなぁ。

ミヤマホツツジ。
花期は7~8月と短い。ここで見るのは初めてかも。五竜小遠見では見たことあるけど。

楠川のところまで到着。11:36。


2017新潟/白馬大作戦(8/17の10)2018年01月07日 07時54分59秒

カミキリムシは時々見かけるのだけど、やっぱり非常に少ない。

ミヤマツボスミレ。
5~6月の花らしいので、この時期に見られるのはまさに異例。狂い咲きで少数ではなく、風穴の近くにかなり群生していた。「春の花も残ってる」というのはこの花のことか。

スダヤクシュ。
これは6~8月の花らしいけど、初めて見たかも。

ゴヨウイチゴ。実みたいに見えるけど、これで花。
5~9月の花らしいけど、これも初めて見たかも。

エンレイソウ。花も紫色らしいけど、これは実かな。
花は4~6月。

ヤマハハコ。
これはこの時期の代表的な花。

何かの実。

山の上の方は全く見えない。
そういえば、八方より栂池のほうが晴れている確率が低いような。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の9)2018年01月06日 08時34分44秒

キヌガサソウ。
真ん中の髭みたいなのが花で、白いのは萼、だと思う。

去年はほぼ同じ場所でこんな感じ
だったので、今年はまだ咲いて間もないのだろう。今年の花が遅れているのがわかる。

オオバミゾホオズキ。
姉川に掛かる橋の木の横にあった。私はこのあたりに咲くことを知ってて気をつけていたから見つけられたけど、影になる場所だから、気がつかない人がほとんどかも。

モミジカラマツ。

オクヤマガラシ。
「辛子」って言うくらいだから、噛んだら辛いのかな?

風穴に到着。1870m。

今年は雪が多く残っている。

気温は5度位か。寒い。
そういえば、ここに到着したときにイタチみたいな小動物がいた。一瞬だったので写真は撮れなかった。こんな人の多い場所に出てくることもあるのね。

マイヅルソウ。
アップで見ると花がピンぼけ。残念。
この花は一応6~8月となっているが、今までは実しか見たことがなかった。数珠みたいな色の実がなる。たぶんこれ。
これは2016年の写真。

ツマトリソウ。
この花も6~7月とある。このあたりから初夏の花が残っている。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の8)2018年01月05日 07時33分16秒

ワタスゲのアップ。
多分乾燥するともっとふわふわになるんだろうね。

奥に行くほどけぶってきた。一番濃いところでは視界50mもない。

クルマユリは終わりかけだけど数は多かった。

モミジカラマツ。

オヤマリンドウ。

何かの実。

ツルニンジン。まだ花は咲いてない。

ワタスゲがいっぱい。
栂池は木道のある辺りは花がある程度固まって咲く傾向がある。一度分布図を書いてみたい。

11:10。こういう場所まで到着。入り口から500m。
赤ピンがここ。青ピンは写真を取った場所。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の7)2018年01月04日 08時30分15秒

タケシマラン。
例年ならもっと真っ赤になっているので、このくらいなのは初めて。

オタカラコウ。

ヤチトリカブト。
例年この時期はこの端が一番多く、またもっと開いているのだけど、今年はまだ蕾の状態だった。

ミヤマアキノキリンソウ。

イワショウブ。

チングルマ。ただし、花は散った跡。
まだチングルマがたくさん咲いているところを見たことがない。

ワタスゲ。

タテヤマリンドウ。

タテヤマリンドウと同じ場所に咲いていたこの花。名前は不明。
数はそこそこ多かった。タテヤマリンドウの変種?

2017新潟/白馬大作戦(8/17の6)2018年01月03日 12時13分40秒

オニシモツケ。今回はこれが多かった。

これは多分サラシナショウマの蕾。蕾を見るのは初めてかも。

シロウマアザミ。
先日「今年はカミキリムシが少ない」と書いたけど、その数少ないのがここに写ってた。前にいるのはハチ、たぶん。

モミジカラマツ。

オニシオガマ。

シラネニンジン。

ヒオウギアヤメ。
一応7~8月の花らしいけど、お盆の頃にはもう数少ない。今年もそれほど多いとは言えないけど、そこそこあったか。1日でしぼむ花だそうな。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の5)2018年01月02日 08時18分26秒

自然園内入ってすぐ。山並みは雲に隠れ全く見えない。
こりゃ、今日は景色は期待出来なさそう。

それは仕方ないので、気を取り直して花を写す。
ミヤマキンポウゲ。

クルマユリ。

これは何かの実だけどなんだったっけ。去年も調べたような気が。やっぱり「実図鑑」欲しいなぁ。作るか?

サラシナショウマ。

マルバダケブキ。

ミヤマシシウド。

ゴマナ。
これを見るとよく分かるのだけど、この季節花には小さな虫が集まっているのだけど、例年なら小型のカミキリムシが多い。
ところが今年はその姿はほとんどなく、アブとハエがほとんどだった。これも天候による影響だろう。

ここはまだ入口入ってそれほど行ってないところ。
このあたりの花は色合いが少ない。

2017新潟/白馬大作戦(8/17の4)2018年01月01日 08時40分26秒

あけましておめでとうございます。
今年も閲覧数度返しでマイペースでやっていきます(^_^;)。

・・・これ書いている時点ではまだ2017年なんですけどね・・・

ロープウエイを降りて、自然園入り口への坂を登る。
ここから花が増える。どんどんいきまっせ。

ヤナギラン。

ヤマハハコ。

オニシオガマ。

ハナニガナ。

ミヤマアキノキリンソウ。

これはわからない。

ゴマナ。

白クモマニガナ。

ダイニチアザミ。

トリアシショウマではないかと。

ということでようやく自然園入口に到着。10:36。
今日は時間的余裕があるからゆっくり回ろう。


2017新潟/白馬大作戦(8/17の3)2017年12月31日 09時08分38秒

ゴンドラを降りてロープウエイ乗り場へ向かう。

このあたりから高山植物が少し咲いている。タテヤマウツボグサにイチモンジセセリの一種がいた。
栂池にしても八方にしても蝶の種類は少ない。

ロープウエイへの道。

カニコウモリ。ひょっとしたらこれは初めて見るかも。
しかしなぜ「蟹」に「蝙蝠」なんだろう。残念ながらこの花、この1枚しか写してなかった上にアップルにすると花がボケてるので形状がよくわからない。Wikipediaによると葉っぱが蟹の甲羅に似るとあるけど、葉っぱは写ってないからわからない。

オトギリソウの一種。葉っぱの大きさから沢弟切ではないかと。

狐の牡丹。これも初めて見るかな。
有毒植物で、触れてもいけないのだそうな。注意看板立てておいたほうが良いような。まあ、「高山植物は触れずに眺めるだけ」という掟を知っていれば問題はないはずなんだけど。


ロープウエイは雲の中へ向かう。

で、この中での案内で、今年のこの辺りは本当に晴れる日がないらしく、これまで山並みが見えるほど晴れたのはこの夏たった2日しかなかったそうな。でもその御蔭で花が長持ちしており、春の花から秋の花が咲きそろっているそうな。道理で、先の花も見たことがないものがあったわけだ。図鑑によると狐の牡丹は5~7月の花だ。自然園内も景色は仕方ないとしても花は期待できそうかな。

・・・ということで・・・
このネタも年越してしまいます。
記憶が残っているうちに書き上げたいのですけど、できますでしょうか。

なにはともあれ、皆さん良い年をお迎えください。
(C)おたくら編集局