森のハンバーグ屋さん;失格2020年02月09日 07時14分10秒

また冊子で新しい店開拓。
烏丸通、同志社大学今出川校舎より北に少し行ったところ西側。
道には面しているが看板が見えにくいのでちょっとわかりにくいと思う。

いや、なんか開店当時に1回行ったことがあるような気がする。でもその後全く来てないはず。だから新規にほぼ等しい。

頼んだのはハンバーグとヒレカツの定食で。1200円。
店内はやたら暗い。暗いだけじゃなくて悪臭店にありがちな壁の汚さを感じる。最初ファヒーターの前に座ってたけど暑くて移動。

だいぶ待って出てきたのがこれ。
なんかソースが妙に辛いが、意外にも肉の味はする。ホロリと崩れる様な感じだが、ちょっと軽すぎる気はする。パン粉で増量しているのだろう。ハンバーグを乗せているハンバ-グとハンバーグとの温度差に驚く。これはいかん。

ヒレカツってこんなに分厚かったかいな?
分厚くても美味しくなければ意味がない。なんかヒレカツっぽくない味。

ご飯は最初ちょっと硬いところがあったが普通。野菜は少し苦い。安物だ。安物のハンバーグ定食に付いてくる甘ったるい人参と大量の缶詰コーン、フライドポテトも付いてくる。ハンバーグに自身があるならこんな物は要らない。

量は多いけどなんか全体的に味のバランスがおかしい。せっかくのハンバーグもソースが辛すぎてだめ。ドミグラスソースらしいけど全然ドミグラスじゃなくてトマトソースだ。でもその理由は食後すぐわかった。
「臭い」。

店長=調理人が悪臭はなってやがる。しかも店内で。悪臭人間は味覚が崩壊しているからそれが作るもの、そういう人間に合わせた物は味がおかしい。

客ならまだしも(今どき客もだめだと思うけど)、調理する人間が客のいるところで悪臭放つなんてもってのほか。

食べきった直後くらいか、感想をメモしようと思ってたらそうだったのですぐ中断して即支払って店を出た。急いだから店の写真も撮り忘れた。

帰ってから前に書いたネタを調べた。開店直後;2007年に行ってた。店員の化粧があまりに濃くて「それいいんかい!?」と思った記憶だけが残っていたが、そのときも悪臭のことを書いてた。先に思い出して読んでれば行かなかったのに。後時は10年がもたないだろうと思ったはずだけど保ったんだ。学生相手ならこれでも行けるのか。

料理店として完全に失格。私が評価するに値しない。
以上。

お盆新潟・白馬2019(47)2020年02月08日 08時17分00秒

12時少し(だいぶ?)前にお寺さんが来られる。

白玉団子を供える風習があるかお聞きしたらなさそう。親戚はやってたというが、確認できない。
それより、昔は立派な精霊棚を作ったそうで、そういえばうちも昔はもう少し立派な飾り付けしてた。すのこを敷いてとか。今一人でそれをするのは大変。飾る掛け軸とかももうないし。なんでもお隣さんも昔はお寺並みの本式のを作っていたそうな。世代を渡るにつれ、どんどん簡略化されたあげくに失われていく。せめてその前に記録だけでもしてれば良かったのに、と思う。

・・・

カレーもだめになったし、お昼は出かけてここに来た。
GWにも調べてあった「くらよし」という定食屋。

すんなり行けた。

無難に定食を頼んだ。
お米こそ刈羽産で美味しいと思ったけど、ラーメンは塩辛すぎ、メンマは堅く、チャーシューもいまいち。
700円(税込み)と安いので許されるけど、私が好んでくる店ではない。

なによりもまず店に入って「臭い」。悪臭が禁止でない店はそれだけで評価が2段下る。「二度と来ない」かな。

帰りにナルスへ。スポーツドリンクとかお菓子とか買う。
そういえばナルスの写真あげたことなかったっけ。

コメリへ。
大阪の実家で使うポールを目で見て買いたかったので。
通販にあるようなのはなかったけど、使えそうなのと留め具も買う。

そのコメリの隣に薬屋あった!
どこかで見た記憶があったのだが、ここだったか。覚えておこう。

吉屋へ。ここも写真は初めてかも。
梅ゼリーと紫蘇ゼリー・・・は売り切れてたので紫蘇水ようかん。

西山ふるさと公園へ。
無料コーヒーと野菜はもうほとんど無く、オクラは家にあるのでピーマンを買う。朝9時から開いているらしいので、またその時間に。
越後ビールも欲しかったけど、冷蔵庫一杯なので後日。

お盆新潟・白馬2019(46)2020年02月06日 06時15分49秒

とん入上人さんが作ってくれた石段で上がる。が、ここも草が結構ぼうぼうだ。石段が見えない。

とん入上人入滅の場所は、集落が見渡せる絶好の撮影ポイントなのだが、ここも草が多くて近づけない。

そういえば石段でお堂に行くのは久しぶり。最近は車で行くことが多いから。いや去年も来たかな?

今年ここの御本尊の御開帳がある。
住職一代に1回限りで35年ぶりらしい。年齢的には前のも見られたはずだけど、当時は全然興味がなかった、というか知らなかった。残念ながらGWでもお盆でもないから、別途来ないといかんなぁ。開白法要(「かいびゃく」とは始まりの意味ね。「てんちかいびゃく」という言葉で使う「開闢」とは漢字は違うけど意味はほぼ同じ)は火曜日か。流石にそれは無理だから金曜日休んで金~日で行くかなぁ。

お隣の香取神社へもお参り。

お堂の駐車場横から米山撮影。今日は本当に綺麗。

下に降りる。前にも書いたけど、今はここの集落は限界集落に近い。バスも1日これだけしか来ない。
昔は1時間に1本はあったんだけどなぁ。老人の免許返納議論があるけど、ここでは車は必須。そういう話は公共交通機関の発達している都会限定でやってくれ。

家に帰ってきたら11時前。汗だく。
ここしばらくの新潟は涼しくない。台風からの風によるフェーン現象か。気温だけなら京都より暑いかも。今日も37度とか言ってる。ただし、乾燥しているので気温に反して過ごしやすい。市内放送では熱中症に気を付けてと言ってるけど、うちはエアコンないからなぁ。

GPSの地図を調べる。あれ、SDカードのスロットの蓋が開いてる。
閉めて起動したら地図が戻った。日本地図はSDカードに入れてるから、それが読めなかったためにこうなってたようだ。1つ勉強、というか経験。

お寺さんが棚参りに来られるのを待つ。
そう言えば、白玉団子作ってない。待っている間に作る。

お盆新潟・白馬2019(45)2020年02月05日 06時54分44秒

だいぶ間があいちゃったけど、再開。
・・・
今度は不動堂から山道を通って観音堂へ行こうとする。

が、入ってすぐのところで草ボウボウ。

しかし思い切って突っ切るとしばらくは行けた。
でも竹も生え放題で進むのが大変。

しかしあるところから先、余りの草の量に進めなくなり断念。半分くらい来た所か、分かれ道があった場所。
昔は誰かが手入れされていたが、もう居ないのかもしれない。ここ数年で使われなくなった田んぼや畑も増えてきてる。

GPSはeTre30xを持って行ってたが、軌跡は出るが地図が出ない。
地図データが消えてしまった?PCの中にはバックアップがあったはずなのでまた入れなきゃ。

仕方なく戻って、普通の道で観音堂へ。ここがその入り口の山門。

これを沿線と言って良いのだろうか2020年02月04日 13時52分07秒

小ネタを。

京阪門真市駅に行った時の話。
ふと上の看板を見ると沿線のご案内とあった。
なになに・・むっ!?

万博公園とあるけど、距離が9キロと。これって沿線と言って良いのだろうか。実際にはここで大阪モノレールに乗って7駅も先にある。乗り換え先にある施設を沿線と書くのはちょっとどうかと思う。そういえば距離の横に電車マークはあるけど、それではわからんでしょ。

ということで、ちょっと疑問に思った沿線案内であった。

冬の長谷寺(7)2020年02月04日 07時13分00秒

駅まで戻る。
最初にも書いたとおり、道路を渡ってから駅までは急な坂道になる。

っとその前に。この道路の信号、歩行者信号のがランプ切れてる。長谷寺側の。青は点くしまあ車側信号見てれば渡れるかどうかはわかるんだけど、管轄省庁は早々に直されるように。信号の管轄ってどこなんだろう。警察それとも道路を管理するところ?この道路は国道165号のはずで、国道で100番代だから県が管理しているはずだけど。

それにしてもこの坂。結構来る。腰痛めてから本当に運動不足だから体力が激烈に落ちている。駅まで着いたらもう息が上がってしまって。

駅に着いたらもう14時。

ホームに上がると、休憩室でなんかしてる。なんか貼ってもあるので見ようとしたら制止された。どうも警察が指紋検出してるみたい。事件でもあったのだろうか、こんな駅で。詳しいことはわからず。

先に来たのは反対側の列車。行きにも乗ったけど、急行青山行きは大和八木以降各駅に停まる。

で、こちらが乗るのも来た。急行上本町行き。
この車両、中は転換クロスシートだった。このときはロングシートになっていたが、回転してクロスシートにもなる構造。面白い。人が多く写真は撮れなかった。多分シリーズ21と呼ばれる5820系だと思う。近鉄の普通列車の中では最新型みたい。

友人とは大和八木駅でお別れして私は京都へ。行きは急行だったけど、帰りも急行がちょうど来たのでそれで。
これは上本町行きを見送るところ。

そういえば大和八木、というか橿原神宮前から京都までが近鉄京都線だとずっと思ってたんだけど、先日調べたら京都線は大和西大寺までで、大和西大寺から先は橿原線だそうな。橿原神宮も行ったことがないから、一度行こう。

家に着いたらもう16時。やはり長谷寺に行くと1日仕事になるなあ。
その後昼寝してしまった。やっぱり疲れてる。これくらいで疲れるなんて体力落ち過ぎ。腰に負担がかからないように運動し始めないとなぁ。これではしまなみ海道にも行きたくても行けない。

ということで、長谷寺お参り終わり。

冬の長谷寺(6)2020年02月03日 06時16分59秒

時計を見たらもう12時半回ってる。お昼にしたいがどこにしよう。
門前町には食事を提供している店がいくつかあるけど、どれもいまいちなんよね。前回入ったけどありきたりだった店や、それ以前に入ったけど美味しくなかった店も避ける。このあたりはにゅうめん、三輪そうめん、柿の葉寿司が名物といえば名物だけどそれを使った創意工夫ある料理というのは見かけない。そもそもお店が少ない。

そんな中で入ったのがここ。
この先にはまともなお店はなかったと思うので、というのもある。

ここは登録有形文化財なんだそうな。

庭はかなり凝った作りだ。
凝りすぎててどうやったら入り口にたどり着けるのかがわからない(^_^;)池の上を渡って真っ直ぐが正解。

池には金魚がいたのだけど、1箇所1方向に並んでた。ちょっと不思議な光景。
この先には小さな滝が作ってあるのだけどそこからの水の流れに沿っている?

入り口について振り返る。
歩いてきたのは左手の石の上で、途中の橋を渡るとそこにも建屋があるのでわかりにくい。

畳部屋で座るところと椅子のところがあったので椅子で。

で、頼んだのはこれ。
にしんそばと柿の葉寿司のセット。1300円。友人はにゅうめんセット。どれも柿の葉寿司がついているようだった。

しばし歓談。来年の忘年会は・・・おっとそれはまだ秘密だぜ(^_^;)。

菓子付き抹茶600円、コーヒー400円、コーヒーセット650円。なので、食事時でなかったら、休憩に入るのも良いかも。

店内も古い作りで柱時計はゼンマイで巻くような代物だった。そういえば写真撮るの忘れてた。

外に出ると、屋根の上に赤いものが見えた。
これは南天だ。濃い緑の中のワンポイントが美しい。

さて帰るとしますか。

2020京都御苑の梅(1)2020年02月02日 08時05分13秒

京都御苑の梅が咲き始めた。
中立休憩所の横の梅が咲き始めたので多分梅林も咲いているだろうと思って行ってみた。

例年一番早く咲く出水の小川の北の薄紅梅はもう満開。

小川沿いの白も満開。

梅林内では紅系がだいぶ咲いているが、全体としてはまだまだ。
これは南端の薄紅。これも毎年早い。

皇宮警察横の紅。これもほぼ満開。
紅は薄紅は全体的に満開近く、濃紅は咲き始め、白は一部咲いている、黄色はまだという感じ。

御所横;中立休憩所前の梅は今週はじめから咲き始めている。
日に日に花が多くなってきている感じ。

他の花はどうかと言うと、出水の小川などにある蝋梅がやはり満開。
まあ、小川のは数少ないけどね。

小川の東にある寒桜。これも今満開。
寒桜は花が小さいから目立ちにくいけど、花期は長い。

御苑にも春が近づきつつある、という感じ。

冬の長谷寺(5)2020年01月31日 06時55分16秒

門前町散策。
まずはいつものこれ、草餅。
別の店で作られた冷えたのを売る店と、そこで作っている店とがある。これは後者。よもぎがいっぱい入れてある。買ったのは漬物屋の横の140円だったけど、もう少し下ったところにある店では100円だった。同じ大きさに見えたんだけど、何が違う?量的には(どちらも)ちょっと少なく感じる。2~3個買って家に持って帰っても良かったかも。

他に買ったお土産。
これは「そうめんふち」というもの。このあたりは三輪素麺の産地で、その製造過程で長い麺を折り曲げて干すけど、その折り曲げ部分は切り取られる。そこ。
結構量があって200円。味噌汁などに入れると、短いけどそうめん入りになる。店によって量が違って150円だったりする。これは寺に一番近い店で買った。賞味期限は一応1年と書いてあるけど、乾燥物だから全然劣化しない。冷暗所に置いておけば5年は優に保つ。前買ったのがずっと残ってて最近食べきったのでようやく今回買うことになったくらい。

奈良漬け。色々種類があったけど、これは瓜で1400円。
20~30センチくらいあるか、結構大きい。
実は私は奈良漬けはちょっと苦手で、原因は酒臭さ。がこれにはそれがほとんど無く美味しかった。試食では他にあったきゅうり、スイカ、生姜にはそれがあったので浸かり具合にも依るのかもしれないけど、まあ買ってみようかと。味噌もたっぷりついているので、それはよけて別にちょっと塩でもんで水分飛ばしたきゅうりなどを漬けると良いとのこと。一粒で二度美味しいわけだ。
お店は、先の草餅を買った店の横。同じ店らしいけどね。

友人は即日食べ始めたとのことだけど私はまだ。これを食べ始める前に、随分と前に買った漬物を食べ始めた。これ。
博多の新幹線車両基地を見学に行ったときに買ったものだから2016年10月に買ったものだ。それを冷蔵庫で熟成させてた。単に冷蔵庫の中で埋もれてたという話もある。腐ってなかった。美味しいよ。

別の店で買ったのがこちら。
ゆば。このあたりは湯葉も産地なのかな。400円。
黄色が強いのはウコンがはいっているから。これも味噌汁に入れたりして食べる。

葛きり。300円。

春雨100円!
このあたりにそうめんを始めこういう乾燥物が多いのは、気候的に乾燥しているからろうね。まだ鍋を作る日もあろうから、こういうのが必要と思って買った。安いし。今日これから買い物行くけど、早速鍋セット買ってこよう(^_^)。

以前は山門から離れた=比較的駅に近いところにも土産物屋があったけどだいぶ減った気がする。京都市内のように常時混み合うお寺というのも困るけど、人が少なすぎるのも商売する上では大変なんだろうね。

冬の長谷寺(4)2020年01月29日 06時16分36秒

境内を回る。
本堂すぐ左にあるのが大黒堂。
この向かい側の本堂の窓口で季節限定朱印がいただける。

五重塔へ。その途中、本堂が真横から見える場所があった。
確か前回来たときは台風による倒木で本堂の、この写真見ると左端屋根が壊れていたと思うが修復されている。

五重塔。
比較的小型で、大勢の人が入れるようにはなっていない。と思ったけど、他もこんな大きさだろうか?あまり大きさを考えて見たことなかったなぁ。昭和29年建立だそうな。だからそれほど古くはない。とはいえもう75年は経過しているわけで、昭和は遠くなりにけりである。

講堂前へ。
前回は永代供養を申し込んだ後だったのでここで接待を受けたが、普段は入れない。

ここから振り返ると本堂が真正面に見える。ちょっと遠いけど。
右手下に見えている工事の屋根が、前回入ったけど今回は開いてなかった喫茶室。月輪院という建屋で、そういえば前に改修工事すると書いてあった。ここの「ちゃわんそふと」がおいしかったので今回もと思ったけど残念。また開かれることを祈ろう。そのあたりの詳しいことは2018年に来たときに書いたネタを探してね。

そういえばなんか全体の印象が違うなあと思ったら、前回は来たのは6月で、そのときには周りの緑が濃かった。
手前の緑が全然違う。冬は木々がこの通りなので閑散とした感じが強くなる。

ボタンと本堂。
ボタンは傘がかけられている。保温のためか、霜よけ・雪よけか。

講堂入り口からは反対側までずっと一直線に廊下があり、反対側の木が見える。
そこは楓のようで、秋にはとてもきれいに絵になるそうな。その写真が掲げてあったが、撮り忘れた。一度来てみたい。混んでそうだけど。
(C)おたくら編集局