復活の子猫2017年07月13日 22時50分30秒

子猫たちの姿が見えなくなって幾星霜・・・というほどではないが、さみしい思いをしていた。

それが、昨日の夜、ふと外に出てみると、何やら視野の端で動くものが見えたので、カメラと取りに行って撮影してみた。暗くて肉眼ではよく見えないが、フラッシュをたいてみたら子猫たちがいた。


庭で遊んでいたのだろうか。前から余り体格的には成長していないようだが、行動範囲は広がったのだろう。

最初は4匹居たと思ったけど、そのあとはずっと3匹しか見えなかった。でもこうしてみるとやはり4匹居たようだ。

そういえばこの子たち、耳が大きいなぁ。出来れば茶色の子を確保したい(^_^;)

・・・
で、そのようく実=今日、また会えることを楽しみに居ていたんだけど、会えなかった。またどこかに行ったんかなぁ。「猫缶で誘惑」をしなきゃ。

最後の子猫2017年07月07日 05時09分15秒

以前庭にいた猫。その後姿が見えなくなっていたが、どうにも鳴き声が聞こえることがあった。探してみると、こんな狭い場所にいた。
わずか10センチほどの幅の場所、長さは1メートルはあるか、それが2津並んでいるのだが、その間を行き来しているようだった。

直接は見ることが出来ないので、カメラのオートフォーカスに任せて撮りまくったら、数枚写った。

ピンボケだけど、首のかしげ方がラブリー。

しかし、この撮影を最後にこの子たちの姿は見えなくなった。すみかがばれたのでまたぞろどこかに行ったのか。用心深い連中である。

また会えれば良いが、少なくとももう庭には居ない。ああ残念。さっさと確保しておけば良かった(^_^;)

成長する猫2017年06月24日 00時00分00秒

先日の猫の話。

実はその後、猫缶を近くに置いたら子猫が奥に逃げてった。で、夜見るとどこにも姿が見えないので、親が子猫連れてどっかに逃げたんかなぁ、と思って残念な気持ちだった。

で、大雨の朝。窓を閉めた部屋の中でも聞こえるほどの音量で「みゃーみゃー」泣く声が。
軒下にでも居るのかと思ったけど居ず、まさかまた同じ場所に居るのかと思って見に行ったら、ずぶ濡れの親猫と子猫が居た。それまで全く鳴かなかった子猫も、さすがにこの大雨では鳴くか、と思った。

で、かわいそうなので傘を差し掛けたら、また逃げた。

その夜は居なかったので、またどこかに行ったのかと思ったら、翌朝は居てた。何カ所かうろうろしてるんじゃろか。

子供達は好奇心も付いてきたようで、こちらの方をじっと見ていることも多くなった。



特にこの薄茶色の子が好奇心満々。
そのうち庭に出てきてくれると良いのだけど。拉致る気満々(^_^;)

こねこのおやねこ2017年06月16日 09時01分02秒

今朝猫を見に行ったら、なんか「フー」という声が聞こえてきた。何だろうと思ってよく見たら親猫がいた。
厳つい目つきしてこちらを睨んでる。ちょっとでも近づこうもんなら、すごい剣幕で威嚇してくる。

授乳してたみたい。4匹を2回に分けて。
その後いったん離れていったんだけど、また戻ってきて、その後また門を飛び越えて出て行った。見つかったらくわえて連れて行くのかとも思ったけどそんなことはしないみたい。うちより安全な場所はそうないと思うのだけど。

それにしても親猫はずっとは一緒に居ないのね。
ということで、とりあえず放置されていたわけではなさそうなので報告。

そうそう、昨日の夜猫餌を少し置いてたのだけど、今朝見たらなくなってた。子が食べたのか親か。はたまたうちにはイタチもよく来るからそれかもしれない。もっとも、子猫の近くにイタチが来たら危ないけどね。

こねこねこのこ2017年06月15日 22時10分00秒

実家の庭で、何やら隅っこで動くものが見たと思っていって見ると子猫がいた。
4匹。私が近づくと奥に行ってしまうのできれいに写真撮れない。

親猫は見かけたことがない。でもこの子たち、痩せている様子もないし、全然泣かないのでやっぱり来てお乳あげているのかも。

餌付けしてやろうかと猫缶買ってきて置いてみたけど出てきてくれない。子猫には人間の牛乳はあげたらいかんらしいしなぁ。何回良い手はないものか・・・・などと(^_^;)

厳島の猫2016年07月03日 07時20分17秒

京都御苑内は九条邸跡池辺りには厳島神社がある。

厳島神社といえば広島は宮島のが有名だけど、あそこと同じでここも平清盛が勧請している。


そして、そこには住み着いている猫もいる。


本当はダメなんだけど、餌をやっている人もいたりする。この時も餌をやる人が来て、猫もそれを知っているのですっとやってきて、寝転がったと思ったら、おもいっきり伸びてくつろぎ始めた。

この猫、ちょっと前に鳩を狙っているところの動画をアップした子。


そのまま大あくびして、ゴロンと寝返りうって、更に寝たまま餌を食べるという有様。


「なんちゅう格好で食べてんねん」と言われたら起きて食べてたけど。

自分では飼えないけど、見るだけなら良いよね。

御苑梅;2月初め2016年02月07日 07時59分17秒

Windows7を10に入れ替えてたので1日休んだ。MacのBootcamp Windows7の入れ替えだったのだけど、非常に苦労した。情報はまとめたのでこちらでどうぞ。

5日の京都御苑の梅の様子。
出水小川北(白雲神社横)の薄紅と白の梅。ほぼ満開。

こちらは宗像神社北の紅梅・白梅。こちらは満開を少し過ぎたところ。とても美しい。

そのアップ。

12月21日に咲き始めた一番早い薄紅の梅もまだ咲いている。梅は花が長いが、今年は特に長いのかもしれない。
御苑の梅は、このようにもうすでに満開を超えているものもあれば、まだつぼみの木も多い。府立植物園は蕾の木のほうが多い。というように、今年はばらつきが非常に大きい。

おまけ。宗像神社横の木の下に佇んでいた猫。
あぁ、一緒にごろごろしたい。

河原の猫2016年01月19日 13時26分34秒

一度書いたんだけど、アップする直前にWindowsが青画面で落ちやがって再作成。Macの安定性とWindowsの互換性を持ったOSが欲しい。

・・・そんなことはどうでもよくて・・・

加茂川のとある場所、晴れたお昼前後の時間に行くとほぼ必ず猫がいる。ベンチに居る子は人に構われていることが多いし、河原にいる子は寝っ転がってたりする。それを目当てに来ていると思われる人も居たりする。

先日も、河原では猫が息絶えて・・・じゃなくて、完全に放心して寝転んでいた。
横の子は兄弟だろうか、日差しはちょうどいいし、この位置なら人がすぐ近づいてくることもないし、安心しきっているような感じ。

これらの猫は首輪があるから飼い猫だと思われる。14時を過ぎるともう見かけないから、家に帰っているのだろうけど、勝手に河原でひなたぼっこして、帰ってきてくれるなんていいなあと思う。

これを見かけるときはいつも植物園とか上賀茂神社さんとかに行く途中なので遊んでられない。いつか、この子たち目当てに行ってみたい。

初じゃない日の出2016年01月04日 09時34分12秒

京都御所からの初じゃない日の出。
最初、比叡山を背にした日の出を撮ろうと思って待ってたのだけど、日の出時刻から40分以上待っても全然出てこないから横を見るとすでに出ていたと。この季節、比叡山越しには見えないのね。それでもなんとか御所の出には間に合ったかと。緯度経度から算出される京都の日出時刻からすでに55分も経過後。盆地の日の出は遅い。

太陽をきれいに写すのは至難の業。フレアとレンズの汚れも目立ってしまう。

猫も一緒に待ってたけど、散歩の犬に追われて逃げていったとさ。
なんか、キャンピングカーで来て、御苑の駐車場入り口前で長く停車して、犬の散歩までしている連中が居たわけで。駐車場が開くまでの時間なら良いんだけど、相手からもしばらく停車していたので、後から来た車が迷惑していたと。気をつけなされ。

登る猫2015年04月07日 06時56分52秒

賀茂川の桜を見ながら自転車を漕いでいるときのこと。
道の脇に猫が居て、フェンスとにらめっこしていると思ったら、そのまま足をかけて立ち上がった。
で、自転車を漕いで先に行き始めたら、なんと登り始めた。

登り始めたときにはすでに自転車を進めていて、とっさにカメラだけ持って撮影したのでこんな写真になってしまった。

この後この猫はフェンスの向こうに行ったのだろうか。引き返したら良かったのかも知れないが、その時はもう姿は見えなかっただろう。惜しいことよ。
チャンスは一瞬。
(C)おたくら編集局